国内10台限定! BMW M5の35周年を記念した特別限定車 価格2160万円

国内10台限定! BMW M5の35周年を記念した特別限定車 価格2160万円

全世界350台限定の希少モデル

  BMWは、BMW M社が開発するハイパフォーマンスセダン、BMW M5の初代モデルが発売された1985年から35年。そんな節目を記念した特別限定車「BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)」を、10台限定(全世界350台限定)で販売を開始した。納車は12月以降順次行なわれる。BMW M5 35 Jahre Edition

 近年、アッパーミドルクラスのセダンは、ラグジュアリーな雰囲気を漂わせながら、スポーツ性を併せ持つモデルが多い。高額車種ゆえに潤沢なコストをかけられることから、与えられた二物はいずれも高い水準に達しており、”セダン=親父クルマ”という印象はまるで感じさせない。BMWの5シリーズも多分にもれず、BMWの高度な技術を結集し、極めてダイナミックな走りが味わえることから、「ビジネスアスリートにとって理想の1台」と称され、上質な物、そして走りにもこだわる大人に支持されている。BMW M5 35 Jahre Edition

 そんな5シリーズをベースに、BMW M社のチューニングによって同車の潜在能力をさらなる高みへと引き上げたのがBMW M5。その歴史は1985年、2代目5シリーズ(E28型)の時代まで遡る。BMW初のスーパーカー、M1の直6エンジンを搭載し、当時としては世界最速の4ドアセダンと言われ、それまで速さとは縁遠い存在だった4ドアサルーンのイメージを変えた。その後、高性能セダンとしての能力は6代目となる現行型まで受け継がれ、2019年にはサーキット志向を際立たせたBMW M5 Competitionを発表。ラグジュアリースポーツセダンとして確固たる地位を確立した。BMW M5 35 Jahre Edition

 BMWは、1985年に誕生したM5が35周年という節目を迎えることを記念し、特別限定車「BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)」の発売をアナウンス。M5 Competitionをベースに内外装に限定装備を多数採用したスペシャルモデルで、日本国内10台限定(全世界350台限定)で販売される。BMW M5 35 Jahre Edition

 最高出力460kW(625PS)/6000rpm、最大トルクは750Nm/1800〜5860rpmを発揮する4.4LのV型8気筒エンジンを搭載。Mモデル専用4輪駆動システムであるM xDriveや、ドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションといったメカニズムによって、高性能エンジンの能力は最大限引き出され、アッパーミドルクラスのセダンのなかでは図抜けたパフォーマンスを誇る。BMW M5 35 Jahre Edition

 インテリアは、ブラックフルレザーメリノシートを装備し、限定デザインとなるベージュコントラストステッチがあしらわれている。さらに、インテリアトリムにはより耐久性の高い、アルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムが採用されているのも特別なモデルである証といえよう。重厚感あるブラックの内装に、上品なゴールドのアクセントが加わることで、他にはない高級感とスポーティさが融合されている。さらに「35 Jahre」と刻まれたドアシルや、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーなど、細部に至るまで特別な限定車であるということが演出され、乗り込むたびに満ち足りた気持ちになるのは間違いない。BMW M5 35 Jahre Edition

 ボディカラーは、シルクのような滑らかさを備えたマットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色、フローズン・ダーク・シルバーを採用。そのほかにも、70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトも特別装備している。

 M5 35 Jahre Editionは、最先端の技術と高度なインテリジェンスの結晶であり、日常的な移動はもちろん、スポーツ走行をたしなむオーナーも納得のパフォーマンスを持つ。車両価格は2160万円と高額ではあるが、それに見合う価値は大いにある。


画像ギャラリー