昭和を代表する自動車チューニングの神器「ソレ・タコ・デュアル」とは (2/2ページ)

チューニング手法に愛称が付くという昭和の良い時代だった

 そして、最後の「デュアル」とはマフラーの管が2本あるものを指す。本来はタコ足(エキゾーストマニホールド)との接合部分から管が2本になって排気しているマフラー。2本にするメリットは1本より管が多い分、合計のパイプ径が太くなり、効率良く排気できるからだ。しかし、見た目的にレーシーなイメージの2本出しテールパイプもデュアルと言われていた。

 このように「ソレ・タコ・デュアル」は、吸排気のトータルチューニングの定番のことを指す、愛称のこと。純正でもいろいろと改造していたが、なかには純正の状態でソレ・タコ・デュアルを実現していたクルマもあって、日産のC10型スカイラインGT-RやS30型フェアレディZはお馴染みのところ。ちなみにS30型フェアレディ240Zは、純正でも2本の排気管が縦に並んでいるのはかっこ良かった。

【関連記事】あおり運転も検知! 高画質高性能2カメラ搭載ドライブレコーダー「DRV-MR870」がJVCケンウッドより発売

チューニングの神器であるソレックスとタコ足とデュアル管の意味画像はこちら

 最近ではノーマル状態で高効率を実現しているし、構造的にも手を出しくくなっているだけに、チューニングそのものが難しい時代になってきている。チューニング手法に愛称が付くという昭和は、いい時代だったのかもしれない。