VW最小コンパクトSUV「T-Cross」上陸! 余裕の荷室はアウトドアの使い勝手も良好

VW最小コンパクトSUV「T-Cross」上陸! 余裕の荷室はアウトドアの使い勝手も良好

発売記念特別仕様車2モデルを発売開始

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」の日本での販売を発表。今回の導入を記念して、特別仕様「T-Cross TSI 1st(ファースト)」と、さらなる装備の充実を図った「T-Cross TSI 1st Plus(ファーストプラス)」の2モデルの受注を全国の正規ディーラーで開始している。VW最小コンパクトSUV「T-Cross」日本上陸! 余裕のラゲッジはアウトドアでも使い勝手が良好だ

 T-Crossのキャッチコピーは「T さい SUV」。サイズは小さくても全てに余裕がある「T-Cross」の特徴を表現したものだ。

 1.0L・ 3 気筒 TSI エンジンを搭載するこのモデルは、 最高出力 85kW(116PS)、最大トルク 200Nm を発揮し、7 速 DSG を組み合わせることで、軽快かつ俊敏な走りを実現。ストレスのない走りと、WLTC モードで16.9km/Lという高い燃費性能も実現する。

 ボディは、全長4115mm、全幅1760mm、全高1580mmと日本の道路事情でも使い易いサイズで、フォルクスワーゲンのSUVらしさを継承しながらも、個性的なエクステリアを備えている。存在感のあるボンネット、ヘッドライトと一体化したワイドなラジエーターグリル、ボディサイドを水平に走るキャラクターラインなどは、特に同モデルの特徴を象徴したデザインだといえよう。

VW最小コンパクトSUV「T-Cross」日本上陸! 余裕のラゲッジはアウトドアでも使い勝手が良好だ

 室内は、2550mmのホイールベースなどにより、コンパクトなボディサイズでありながら最大5人の乗員がリラックスできる広々とした居住性を実現する。また、ラゲッジスペースも、2列目シート使用時でクラストップレベルの455リットルの容量を備え、後席のシートバックを倒せば最大1281リットルものスペースを確保し、高い実用性を誇る。

VW最小コンパクトSUV「T-Cross」日本上陸! 余裕のラゲッジはアウトドアでも使い勝手が良好だ

 シートはSUVらしい高い着座位置を実現し、前方視界は極めて良好。また、様々な用途に合わせて変更が可能で、車内のレイアウトを迅速かつ簡単に変化させることができる。

 特に、リヤシートは秀逸で、最大14cmの前後スライドをはじめ、背もたれを60:40に分割することも可能。全部倒すことも、どちらか一方を倒すこともでき、乗員数や荷物に合わせた自在なアレンジができるようになっている。

カラフルなカラーを採用した特別仕様車

 今回発売された導入特別仕様のT-Cross TSI 1stは、充実装備ながらシンプルさを備えたモデル。また、それをベースにデザイン性をアップさせたT-Cross TSI 1st Plusでは、内外装のカラーを個性的に彩る3色のデザインパッケージ〈ブラック〉〈オレンジ〉〈グリーン〉を標準設定とし、ドアミラーやアルミホイールに加えてインテリアが3色の中から選択が可能だ。

VW最小コンパクトSUV「T-Cross」日本上陸! 余裕のラゲッジはアウトドアでも使い勝手が良好だ

 さらに、T-Cross TSI 1st Plusのエクステリアカラーは新色のマケナターコイズメタリックやダークペトロールをはじめ、全8色で展開。 デザインパッケージとの組み合わせにより、全21バリエ―ションの中から、自分に合った1台が選べるようになっている。

 近年、オートキャンプ場などでは、コンパクトSUVを見かける機会も増えた。個性的なデザインと余裕がある積載性などを備えるT-Crossなら、十分にアウトドアでのユースにも使える1台だといえよう。

VW最小コンパクトSUV「T-Cross」日本上陸! 余裕のラゲッジはアウトドアでも使い勝手が良好だ

※全国希望小売価格

「T-Cross TSI 1st」が¥2,999,000(税込)、「T-Cross TSI 1st Plus」が¥3,359,000(同)。 納車は来年 1 月以降を予定

画像ギャラリー