アウディQ2の高性能モデル「SQ2」登場! 300psの2リッター直4ターボと4WD技術を融合

アウディQ2の高性能モデル「SQ2」登場! 300psの2リッター直4ターボと4WD技術を融合

0-100km/h加速がわずか4.8秒!

 アウディ ジャパンは、アウディQ2のスポーツ性能を大幅に高めた「アウディ SQ2」を、全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売した。

 全長4200mm、全幅1795mmというアウディのSUVラインアップ中で最もコンパクトなボディを持つQ2をベースに、走行性能などをより向上したモデルが「SQ2」だ。

 エンジンは2リッター直列4気筒ターボを搭載。最高出力は、ベースモデルの1.4リッター4気筒ターボ搭載車が110kW (150ps)なのに対し、約2倍の221kW(300ps)を発揮する。

 また、吸排気には可変バルブタイミング機構を備え、かつ排気側には「アウディ バルブリフト システム(AVS)」を採用し、2000~5200rpmの幅広い回転数で400Nmもの最大トルクを発生し続ける。アウディQ2の高性能モデル「Audi SQ2」登場

 そして、この大パワーは、アウディでおなじみの4WD技術であるクワトロなどにより、余すところなく路面へ伝達される。その結果、0-100km/h加速はわずか4.8秒(欧州計測値)、トップスピードは250km/h(電子制御リミッター作動)に達するという、コンパクトSUVとしては類まれな高性能を実現する。

 また、搭載エンジンであるTFSIユニットの単体重量は150kgであり、車体の軽量化とともに良好な前後軸重バランスにも貢献している。

 足まわりには、スポーティな”S Sportサスペンション”を採用。フロントがマクファーソンストラット式、リアはクワトロに対応すベくマルチリンク式だ。また、SQ2専用にギアレシオを採用したプログレッシブステアリングとの組み合わせで、ハンドルによりリニアで、クイックな操作感を実現している。アウディQ2の高性能モデル「Audi SQ2」登場

 また、クワトロシステムはセンターデフとして電子制御多板クラッチを備える方式で、前後トルク配分を適切に制御。前輪がグリップを失うと即座にクラッチを締結し、リアへと駆動力を伝達。スポーティなドライビング中は、ドライバーが操舵した瞬間には四輪駆動状態へと移行し、滑りやすい路面でも良好なコントロール性を発揮する。

 ボディカラーには、デイトナグレーPEやクワンタムグレーなど、Q2シリーズではSQ2のみで選択可能な色を含み、全8色を用意する。

 標準のインテリアはクロス/レザー仕様。オプションとしてファインナッパレザー、そしてSQ2らしさを強調するSQ2インテリアデザインパッケージが選択可能だ。アウディQ2の高性能モデル「Audi SQ2」登場

 このパッケージは、ファインナッパレザーのシートセンター地に、ロックグレーステッチを施したマグマレッドを採用し、さらにエアコン吹き出し口にレッドアクセントリング、マルチカラーアンビエントライティングが組み合わせられている。

 なお、SQ2の車両本体価格(税込み)は599万円だ。

 

【詳細はこちら】

アウディQ2の高性能モデル「Audi SQ2」登場

 


画像ギャラリー