アウディが最強SUV「RS Q8」発表! 600psのV8ツインターボ搭載へ

アウディが最強SUV「RS Q8」発表! 600psのV8ツインターボ搭載へ

フルサイズSUV「Q8」の高性能仕様

 全長4.9m超えのアウディ・フルサイズSUVといえばQ8。そのハイパフォーマンスバージョン、「RS Q8」がドイツ本国で発表された。

 600psを発揮するV8ツインターボエンジンなどによる卓越した走行性能、プレミアムクーペ風のエレガントなスタイル、そしてSUVとして求められる多用途性も兼ね備えた、既存の”RS”シリーズのなかでは、もっともプレステージ性が高いモデルだ。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 

V8ツインターボとマイルドハイブリッド採用

 アウディのRSシリーズは、Aシリーズをベースにスポーティさを加味したSシリーズを、より高性能にしたモデル群のこと。ちなみに、”RS”はRacing Sport(レーシングスポーツ)から由来したネーミングだ。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 そんな”RS”モデルとあって、新型で最も注目なのは4L・V8直噴ターボエンジンの搭載。最高出力は441kW(600hp)を発揮、最大トルク800Nmを2200〜4500rpmという低回転領域から発生する類い希な動力性能を持つ。これにより、LサイズのSUVモデルという大柄な車体ながら、0-100km/h加速をわずか3.8秒、0-200km/h加速も13.7秒という俊足ぶりを発揮する。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 48Vマイルドハイブリッドも採用し、減速および制動時に最大12kWの電力を回生して、リチウムイオンバッテリーに蓄えることが可能。日常ユースにおいて100km走行あたり最大0.8Lの燃料削減を可能とすることで、燃費向上にも貢献している。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 

トルクを自動配分する独自の4WDシステム

 トランスミッションには、スムーズな吹け上がりを実現する8速ティプロトニックが組み合わされ、駆動方式はクワトロ4輪駆動システムを搭載。

 プラネタリーギヤから構成される機械式のセンターディファレンシャルは、通常走行時には前後のアクスルに40対60の比率で駆動力を分配する。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 また、スリップが発生すると、トラクションがかかっているアクスルにより多くのトルクが自動的に配分され、駆動力の最大70%をフロントに、最大85%をリヤに配分することも可能だ。

 足まわりは、電子制御ダンパー付アダプティブ・エアサスペンションスポーツが標準で装備される。RS専用のダンパーチューニングが施されており、走行状況に応じて快適性重視、あるいはスポーティな走り重視という設定が可能。

 また、運転状況やドライバーの好みに応じて、最大90mmの間でライドハイト(走行中の車高)を変化させることもできる。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 そして、オールホイールステアリング(4輪操舵)が標準装備されているのも注目すべきポイント。

 低速域では取りまわしのよさを確保するため、リヤホイールはフロントホイールとは反対方向に最大5度まで操舵。高速域ではフロントホイールと同じ方向に最大1.5度操舵することで、車線変更時の安定性向上に貢献する。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 

専用グリルで個性的フェイスを実現

 エクステリアでは、八角形シングルフレーム、ハイグロスブラックの専用ラジエーターグリル、グロスブラックハニカムグリルによってフロントまわりにRSらしい個性を表現。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 さらにサイドエアインレットとハイグロスブラックのブレードを組み合わせることで、鍛え上げられたアスリートのような雰囲気を醸し出している。また、前後フェンダーのホイールアーチ上には力強いクワトロブリスターが設置され、Qシリーズのフラッグシップにふさわしい迫力も演出された。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 

専用スポーツシートも装備

 インテリアは、全体的にクリーンなイメージを強調した仕上がり。ダッシュボード中央には、直感的な操作が可能なMMIタッチレスポンスディスプレイを設置。アウディバーチャルコクピットの専用RSディスプレイとMMIディスプレイには、タイヤ空気圧、トルク、出力、温度、ラップタイム、Gフォースなどの情報が表示できる。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 また、RS専用のエンボス加工が施されたブラックパールナッパレザー/アルカンターラのスポーツシートは、大型SUVクーペのアスレチックな雰囲気とのマッチングが良好。ハニカムパターンとRSエンボス加工が施されたヴァルコナレザーを使用したRSスポーツシートもオプションで用意される。

 3人掛けのリヤシートは、スライド機能を標準装備。また、リヤシートの背もたれを折りたたむと荷室容量は最大で1755Lまで拡大することができる。SUVとして日常的な用途はもちろん、レジャーなどのニーズにも頼もしく応えてくれるはずだ。600psのV8ツインターボ搭載のアウディ最強SUV「RS Q8」をドイツで発表

 ほかにも、アダプティブクルーズアシスト、エフィシェンシーアシスト、交差点アシスト、車線変更警告、360度カメラなど、ドライバーをサポートする機能も充実。30以上のアシストシステムが利用できる。

 RS Q8は、2020年第1四半期にドイツおよびヨーロッパ諸国から発売開始される予定。ベースグレード価格は12万7000ユーロ(約1540万円)とアナウンスされている。


画像ギャラリー