スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

STIエアロをまとった白系レヴォーグプロト

 2月14〜16日で大阪市インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2020」に、スバルはレヴォーグプロトタイプSTI Sportを出展した。昨年の東京モーターショーに出展されたレヴォーグプロトタイプと比べ、スタイリッシュなSTIエアロパーツをまとっているほか、LEDアクセサリーライナーなどが装着され、より現実的なスタイルを見ることができる。また、ボディカラーは東京モーターショーに出展されたプロトタイプのシルバー系から一転、白系のカラーはまた違った装いを感じさせてくれる。

スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 STIは、次期レヴォーグに「ドライブモードセレクト」という機能を追加することを公表。ステアリング、サスペンション、エンジンを統合制御し、様々なモードに切り替えできるという。ハンドリングエキスパートとして開発に携わっている、STIの辰己 英治監督も太鼓判を押す仕上がりになっているそうだ。開発責任者の五島 賢PGM(プロジェクトゼネラルマネージャー)によると、奥様がお買い物に行くときのようなタウンユーズからご主人が一人でワインディングを走るときまで、だれもが気持ちよく、満足して乗れる環境を作りだしてくれる機能とのこと。SUBARU初の電子制御ダンパーの仕上がりに今から期待に胸ふくらむ。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 STI Sportに追加されたエアロパーツは、いずれも空力性能を向上させる本格派。フロント・サイド・リヤのアンダースポイラーで構成されるが、すべてグロスブラックとし、現行モデルのSシリーズやtSシリーズを彷彿とさせる質感の高い印象だ。

 フロントアンダースポイラーは中央部がせりあがり、現行モデル用のものとはまた違ったイメージでドレスアップ効果も高いはず。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 サイドアンダースポイラーは、現行モデル用が後端にアクセントのついている形状なのに対し、プロトタイプSTI Sportでは薄型のシンプルなデザイン。もちろん後端にはSTIのエンブレムが添えられる。

 リヤアンダースポイラーは、ディフューザー形状を採用。過去に2代目インプレッサWRX後期型で純正採用されたアンダーディフューザーは、ニュルブルクリンク24時間レースで効果を発揮し、純正採用となるほど空力向上に効果のあるアイテムだけに、次期レヴォーグSTI Sportでも、その効果は体感できるだろう。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 ほかにもメッキ加飾の追加されたフロントバンパーやSTIロゴ入りマフラーカッターなど現行モデルのSTI Sportのイメージを踏襲しているエクステリアには注目したい。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 

次期モデルのヘッドライトは小さくなってるのか?

 ところで、レヴォーグプロトタイプSTI Sportを見た人たちには、ネット上で「写真よりも実車の方がよかった!」という声が多い。その理由はなぜなのか?

 結論を先に言うと画像ではどうしても2次元的に見ているためヘッドライトが小さく、グリルが大きく見えるのが原因なのでは?ということが数々の書き込みから想像できる。ヘッドライトよりグリルが大きいのは事実だが、実はヘッドランプのケース自体の大きさは見た限り、現行モデルとそんなに違いは感じられない。小さく見える理由は、ヘッドランプ内のコの字型のポジションランプの縦方向が太いことにより、結果的にヘッドランプが小さく見えてしまうからなのではないだろうか。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 レヴォーグプロトタイプではポジションランプがウインカー動作時に切り替わり点滅するため、ウインカーとしての視認性を考慮し縦方向のレンズも太くなっている。このあたりがライトが小さく見える理由だろう。実車を見るとライトケースが立体的に見えるので灯体内部のレンズ形状に惑わされることもなくライトの存在感も感じることができるだろう。

 東京オートサロンのSUBARU/STIブースでは、実車をベースにしたミニカーが展示されていた。これはミニカーメーカーではなく、SUBARUが製作したもので、実車データをもつメーカー製作ならではのディフォルトをしていない忠実なスケールモデル。エクステリアの彫の深さや細部のイメージをいろんな角度から観察することができるのだが、塗装されていないことからヘッドランプケースの大きさを確認しやすい。写真を見ていただければ、ヘッドライトがそんなに小さくないことがお分かりいただけるだろう。スポーティなエアロを纏った次期レヴォーグSTI Sport!実戦で培ったノウハウを投入【大阪オートメッセ2020】

 大阪オートメッセ2020のスバルブースは、コンセプトモデルも来場者とほぼ同じ高さのステージに展示されているので、東京オートサロンのような高い壇上展示とは異なり、現実的な角度から見ることができる。ぜひ自身の目でチェックしてみてほしい。


画像ギャラリー