TRD、トヨタRAV4とハイラックスで2つのアウトドアスタイルを新提案!【大阪オートメッセ2020】 (1/2ページ)

TRD、トヨタRAV4とハイラックスで2つのアウトドアスタイルを新提案!【大阪オートメッセ2020】

荷物を満載にしてキャンプに出かけたくなる

 2月14日から3日間、大阪市のインテックス大阪で開催されている西日本最大級のカー&カスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」では、トヨタの純正アクセサリーパーツを販売するTRDとモデリスタが合同でブース展開をしている。こちらのブースからは先行してプリウスPHVのコンセプトモデルを紹介しているが、本稿ではハイラックスとRAV4におけるアウトドアシーンでの提案にフォーカスしてみたい。

 この2台は並んで展示されていたが、ともにアウトドアフィールドの乗り入れた情景をイメージした装備となっていて、ハイラックスはベッド(荷台)に装着するスポーツバーを利用したルーフテント仕様。トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!

 RAV4はラゲッジいっぱいにアウトドアグッズを積み、さらにルーフラックにも荷物を満載にしたキャンプイメージだ。このようにクルマのカスタマイズとライフスタイルの提案を行うものになっているのが、今回のブースの特徴だ。トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!

ワイルドなラリーカーの装備をモディファイ

 ではクルマについて。まずは「HILUX TRD」とネーミングされた車両から紹介していこう。TRDといえばサーキットでのモータースポーツのイメージが強いが、ハイラックを使用してアジアクロスカントリーラリーへの参戦を続けているという側面も持っている。それだけにオフロードを速く安心して走れるクルマ作りのノウハウも豊富なのだ。トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!

 とはいえ「HILUX TRD」は普段使いを重視したクルマなのでへビーなパーツは使用せず、本物を知るTRDが製作したライトカスタム仕様になっている。

 装着されているパーツを具体的に紹介していこう。迫力ある形状のフロントグリル(4万5000円)は「X」グレード用となっている。そしてフロントバンパーカバー(3万5000円)はZ、Xグレードとも基本的に装着OKだが、フロントバンパープロテクター車には対応していない。トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!

 フロントの下回りをのぞき込むとTRDのロゴで肉抜きされた赤いフロントアンダーカバー(4万円)がボディ下まわりをシッカリとガード。ただし、こちらもフロントバンパープロテクターを装着車には付けられない。トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!

 そのほかは全グレードに装着できるサイドステップ(10万円)に荷台に付くスポーツバー(10万円)、TRDデカール(5300円)が装備されていた。

そして存在が気になるオーバーフェンダーセット(8万円)だが、これは東南アジアのTRDが現地のハイラックスユーザーに向けて製作したドレスアップパーツで日本へは逆輸入のカタチとなる。

 見てわかるようにフェンダーの出幅が大きいので、装着時は車幅変更の申請が必要になる。ちょっとハードルの高さはあるものの、この手の存在感にあるパーツにおいてTRDの準純正なら、品質面でも安心だし、こだわりを持ってカスタマイズを進めるオーナーにとっては「アリ」だろう。また、17インチアルミホイールもTRD製で1台分で18万円となっている。

トヨタRAV4とハイラックスの2台はアウトドアスタイルの新提案!


画像ギャラリー