ジープ・ラングラーの特別仕様車「アルティテュード」 2リッターエンジン搭載でシックなブラック専用パーツを採用

ジープ・ラングラーの特別仕様車「アルティテュード」 2リッターエンジン搭載でシックなブラック専用パーツを採用

グロスブラックのライトベゼルやホイールを装備

 FCAジャパンは、本格オフローダー「Jeep Wrangler(ジープ・ラングラー)」に、スタイリッシュな内外装を備える限定車「Wrangler Unlimited Sport Altitude(アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード)」を設定。2020年3月7日(土)より、全国のジープ正規販売店を通じて200台限定で販売する。車両本体価格は535万円(消費税10%込)。

 4世代に渡り基本フォルムを変えずに磨き上げられてきた、アイコニックなデザインを持つ「ラングラー」。スクエアなキャビンは、オフロードでの取り回しのしやすさのみならず、様々なギアを飲み込む高い積載性と機能性を有している。JEEPの特別仕様車は経済的な2リッターエンジンを搭載!ブラック系専用パーツを随所に採用

 限定車「ラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード」は、Unlimited Sport(アンリミテッド・スポーツ)をベースとするが、エンジンは通常モデルの3.6リッターV6ではなく、アンリミテッド・サハラ2.0が搭載する2リッター直列4気筒ターボエンジンを採用。最高出力は272ps、最大トルクが400Nm(V6より高トルク)と、必要十二分の出力を発揮。排気量のダウンサイジングと直噴化により、リッターあたり11.5kmの低燃費を実現する。トランスミッションは8速ATで、駆動方式はパートタイムとフルタイムを組み合わせた4WDシステムとなる。JEEPの特別仕様車は経済的な2リッターエンジンを搭載!ブラック系専用パーツを随所に採用

 エクステリアは、フロントグリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルに艶感のあるグロスブラック仕上げを施し、上質感をアップ。アルミホイールにも同様のカラーで処理され、足元をスタイリッシュに演出する。さらに「Jeep」ならびに「TRAIL RATED」のバッジはマットブラック仕上げ。テールランプ、フォグランプ、ヘッドライトはハロゲンバルブを採用する。JEEPの特別仕様車は経済的な2リッターエンジンを搭載!ブラック系専用パーツを随所に採用

 インテリアは、インパネをグロスブラック仕上げとしたほか、3ピースモジュラーハードトップのフリーダムトップは、夏は断熱効果、冬には保温効果のある「Mopar製」ハードトップヘッドライナーが与えられ、社内の快適性をアップ。JEEPの特別仕様車は経済的な2リッターエンジンを搭載!ブラック系専用パーツを随所に採用

 ボディカラーはブライトホワイトC/C、スティンググレーC/C(内装色はいずれもブラック)の2種類をラインアップし、それぞれ100台ずつ計200台の限定販売となる。このような特別装備を採用しつつも、ベースのアンリミテッド・スポーツよりわずか24万円高というのはお得な価格設定といえるだろう。

画像ギャラリー