【試乗】軽量化とシャーシを強化をしたアルピーヌA110S!レーシングカーを凌駕するハンドリングを実現 (1/2ページ)

【試乗】軽量化とシャーシを強化をしたアルピーヌA110S!レーシングカーを凌駕するハンドリングを実現

レーシングドライバーを唸らすハンドリング

  編集部からの1本の電話があった。その内容はアルピーヌA110に筑波サーキット(茨城県)で試乗できるという。僕は、二つ返事で早朝の筑波サーキットへと急行した。今回の目玉は近頃追加されたスポーツ性を際立たせたモデル「A110S」だ。まずは車両説明を受ける。 

 A110はご存知かつて栄光を誇ったフランス・ルノー車の軽量スポーツカー「アルピーヌA110」を現代に復活させ、最新技術で仕上げたウルトラ軽量スポーツカーだ。オールアルミニウム製のボディに1.8リッター直4ターボチャージャー付きエンジンと7速ツインクラッチトランスミッション(7DCT)をミドシップに横置きマウントする。アルピーヌA110Sを筑波サーキットで試乗

 旧アルピーヌA110はFRP(強化プラスティック)製のボディで、エンジンは後輪アクスルより後方に縦置きするRR(リアエンジン後輪駆動)レイアウトだった。当時の車体重量は800kg以下で軽さが売り。モータースポーツシーンでも大活躍したのだ。アルピーヌA110Sを筑波サーキットで試乗

 現代に蘇らされたA110の車重は1110kg〜だが、衝突安全性や環境性能をクリアしながらの重量としては圧倒的に軽量で、ハンドリングは「素晴らしい」の一言。それを更に軽量化し、スポーツ性を高めたのがA110Sというわけだ。アルピーヌA110Sを筑波サーキットで試乗

 A110Sが採用した軽量化技術はルーフのカーボン化だ。これによりルーフパネルを1.9kg軽量化することができたという。またタイヤのサイズ(幅)を前205→215へ、後235→245へとサイズアップし、高まるグリップ力に対応するためサスペンションスプリングを50%も強化。スタビライザー(アンチロールバー)も中空化し軽量化しながら強化している。それにもかかわらず車両重量は1110kgに抑えられているのだから素晴らしい。アルピーヌA110Sを筑波サーキットで試乗

 エンジンの出力はターボチャージャーのブースト圧を0.4高めて252馬力から292馬力まで向上し、パワーウエイトレシオを3.8kg/PSとしている。アルピーヌA110Sを筑波サーキットで試乗


画像ギャラリー