「クロノス」ベースのスペシャリティカー マツダMX-6がミニカー化されてインターアライドより登場

「クロノス」ベースのスペシャリティカー マツダMX-6がミニカー化されてインターアライドより登場

曲面を多用した流麗なデザインを再現

 マツダが創立100周年を迎えたことに伴って、ホビー業界でこぞってマツダ車の商品化をおこなっている。それは海外製プラモデルの輸入から自社オリジナルミニカーの企画製造販売を手掛けるインターアライドも同様。

 インターアライドでは、同社オリジナルブランド“ハイストーリーシーズ”で展開。ちなみに同ブランドは主にモデル化に恵まれなかった国産車をミニチュアカーとして商品化している。そのブランドより7月、「1/43スケール マツダMX-6 2500 V6」として発売される。

インターアライドからマツダMX-6のミニカーが登場

 1992年に登場したMX-6は、マツダ・クロノスをベースに曲面を多用した流麗かつ美しいデザインを持つスペシャルティカー(大衆車をベースにしたスタイリッシュなモデル)。インパネデザインもMX-6のオリジナルで、流線型を取り入れ、2+2という座席レイアウトを採用している。駆動方式はFF(前輪駆動)のみだったが、電子制御車速感応式4WSが全車に設定。エンジンは2リッターV型6気筒と、2.5リッターV型6気筒が用意され、5MT/ATが設定された。インターアライドからマツダMX-6のミニカーが登場

 7月に発売されるMX-6はボディカラーに、ブリリアントブラック、カリビアンブルーメタリック、サンガーグレーマイカ、ヴィンテージレッドの4色で展開。なおメーカーオプションだったアウタースライドサンルーフを装備した仕様を再現している。インターアライドからマツダMX-6のミニカーが登場

 好みは人それぞれだが、今見ると美しいとすら思える、バブルの名残が残ったスタイリング。それを1/43スケールに落とし込んで商品化するあたりがクルマ好きの心を掴む。

 なお価格は税抜き9800円。全国の模型店やインターネットで購入ができる。

【詳しくはこちら】
http://www.interallied.co.jp/

画像ギャラリー