日本人監督チームが7戦終わってランキング独走! HREチーム連続トップ10フィニッシュ達成【NASCARトラックシリーズ】 (1/2ページ)

日本人監督チームが7戦終わってランキング独走! HREチーム連続トップ10フィニッシュ達成【NASCARトラックシリーズ】

優勝にわずかに届かず、2位に

「GANDAR RV & OUTDOORS TRUCK SERIES(トラックシリーズ)の第6戦が、アメリカ・ペンシルベニア州にあるポコノ・レースウェイで、現地時間6月28日(日)に開催された。当初はその前日となる27日(土)午後12時半にスタートするはずだったが、雨天のため、翌日に延期されてのレース開催となった。

NASCARトラックシリーズでシリーズランキングトップを走り続ける服部茂章監督率いるHREタンドラ画像はこちら このトラックシリーズ第6戦「Pocono Organics 150 to benefit Farm Aid」も、コロナ禍からのシリーズ再開の各戦と同じく、今回も無観客・練習走行と予選はなし・決勝レースのみを行うレースフォーマットが採用。バンク角がそれぞれ14度、8度、6度となる「3ターン・3ストレート」という特殊なオーバル形状をもつ、1周2.5マイルのポコノのコースを舞台に60周(150マイル)で争われた。

NASCARトラックシリーズでシリーズランキングトップを走り続ける服部茂章監督率いるHREタンドラ画像はこちら このナスカー・トラックシリーズに参戦を続けている服部茂章氏率いる「Hattori Racing Enterprises(HRE)」は、今回豊田通商のカラーリングを施した#16 TOYOTA TSUSHO/TOYOTA Mobility Parts TOYOTA TUNDRAを若手ドライバーのオースティン・ヒル選手に託して参戦した。

 上位10台のグリッドはシリーズランキングトップ10によるクジ引きとなるが、16号車のヒル選手は2列目3番手の好ポジションを獲得した。28日午前9時半のスタートからヒル選手はトップ争いを繰り広げる。ポコノのレースは第1ステージ15周、第2ステージ15周、最終ステージ30で争われるが幸先のいい展開だ。

NASCARトラックシリーズでシリーズランキングトップを走り続ける服部茂章監督率いるHREタンドラ画像はこちら しかしレースは序盤からクラッシュが頻発し、2度のイエローコーションが出される。そのクラッシュ車両とコース清掃のためにいったんレースは中断。その後12周目にもまたイエローが出て赤旗中断が繰り返された。波乱の中、ヒル選手は2番手をキープして第1ステージを終了。

NASCARトラックシリーズでシリーズランキングトップを走り続ける服部茂章監督率いるHREタンドラ画像はこちら 服部監督のHREチームは、ステージブレイクに16号車をコースにステイさせる戦略をとったが、他チームも同じ作戦のため順位は変わらず、2番手からの第2ステージをスタート。

画像ギャラリー