見た目も走りも諦めない! カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ5選 (1/2ページ)

見た目も走りも諦めない! カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ5選

機能性とドレスアップの一挙両得

 クルマをチューニングする目的は『走る・曲がる・止まる』といった基本性能を高めること。とはいえ見た目のカッコ良さは二の次というワケではない。「機能を追求しながらドレスアップにも貢献する」そんな一石二鳥のアイテムを紹介しよう。

1)車高調整式サスペンション

 機能性とルックスの両方を向上できるアイテムとして真っ先に思い浮かぶパーツといえば、車高調整式サスペンション、通称「車高調」だろう。本来はレーシングカーの足まわりを細かくセッティングすることが目的だったが、現在は「ローダウンしてカッコよくするための部品」といった認識の人も多い。カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ

 確かにタイヤやホイールのサイズによって上げ下げしたり、雪の季節だけ車高を上げるようなユーザーにはピッタリで、キャンバー角を調整できるアッパーマウントや、調整機能を持つアーム類と組み合わせれば、車高と併せてアライメントも自由自在に設定できる。カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ

 もっとも「車高調を装着しただけで満足して、そのまま一度も調整しないでいたらネジが錆び付いてしまった」なんてもったいない話も頻繁に聞く。走り重視のユーザーなら宝の持ち腐れになってしまうので、ぜひ調整して走りがどう変わるかを体験して欲しい。カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ

2)スポーツホイール

 足まわりに大別するならも。明らかにドレスアップが目的のモデルは別として、軽量&高剛性を謳うホイールは当然ながら機能を最優先した設計だ。そのうえでデザインも可能な限りスポーティになるよう考慮した結果、ドレスアップパーツとしても絶大な人気を誇るようになったといえる。カスタムもチューニングも好きな「わがままユーザー」こそ手を出すべきパーツ

画像ギャラリー