全開はクルマに思わぬダメージ! サーキットで必須の「クーリングラップ」の意味とやり方 (1/2ページ)

全開はクルマに思わぬダメージ! サーキットで必須の「クーリングラップ」の意味とやり方

サーキット走行で必要な冷却タイム

 ドライビングの楽しさと引き替えに、クルマには負担がかかってしまうサーキット走行。油温や水温は極端に上昇するし、ブレーキやタイヤの消耗も激しい。そういったダメージを少しでも減らし、トラブルを防ぐには適度なクーリングが必要だ。愛車がドライバーに危険を知らせるサインと対処法を説明しよう。サーキットでやるべき「クーリングラップ」とは

必要時はギアポジションを上げ低回転で走る

 正確な温度を計測できる追加メーターの装着が前提となるが、一番わかりやすいのは数値で判断できる油温や水温。エンジンを高回転で使い続けるサーキットは、当然ながら発生する熱量もハンパじゃなく大きい。そのためクルマやコースによっては、数周で温度が危険水域に達するケースもある。サーキットでやるべき「クーリングラップ」とは

 そこで求められるのが「クーリングラップ」という、スピードと回転数を落とし冷却水やオイル、ブレーキまわりなどの温度を下げる走り方だ。といっても特別なテクニックが必要なワケでなく、他車の進路を妨害しないことに注意しつつ、通常よりひとつふたつ高いギヤで回転を抑えて走るだけ。そして温度が下がったのを確認したら再び通常どおりサーキット走行を楽しもう。サーキットでやるべき「クーリングラップ」とは

 夢中になり過ぎてメーターが視界に入らず、気付いたらオーバーヒートなんてのは悲惨なので、操作に余裕がある直線などで確認するクセを付けたい。オーバーヒートはエンジンのヘッドガスケットが抜けたり、ひどい場合はヘッドが歪み莫大な修理代が必要になる可能性もあるので、水温や油温のチェックは怠らないようにしよう。サーキットでやるべき「クーリングラップ」とは

画像ギャラリー