ハイグリップに換えたら遅くなった! 冗談みたいな話もホントに起こる「サーキットタイヤ」の難しさ (1/2ページ)

ハイグリップに換えたら遅くなった! 冗談みたいな話もホントに起こる「サーキットタイヤ」の難しさ

グリップだけを上げてもプラスになるとは限らない

 スポーツ走行はパワーだけじゃなく、いわゆる『曲がる』と『止まる』も大事。ふたつに大きく影響するパーツがタイヤ。ハイグリップ=高性能というのが定説だけど、練習にはローグリップなんて意見もある。走りのスタイルや目的に合うタイヤを考えてみたい。

 サーキットでもっとも装着率が高いと思われるのが、俗にいうハイグリップのラジアルタイヤ。強烈なドライグリップに加えウェット路面でも不安がなく、摩耗もサーキット専用のタイヤに比べれば激しくないと、すべての性能を高次元でバランスしているのが魅力だ。

【関連記事】「速い=偉い」ではない! マイペースでサーキットを楽しむメリットとは

サーキットを走るときのタイヤ選び画像はこちら

 タイムアタックや草レースといった速さ優先の人、そしてハイパワーの車両ならこれらを選ぶのが鉄板だろう。しかしタイヤのグリップとは、言い方を変えれば摩擦抵抗の大きさでもある。

 つまり過度なグリップは「パワーが食われる」現象を引き起こし、立ち上がりの加速やトップスピードが落ちる可能性もあるのだ。顕著なのはターボなど過給機がない小排気量車で、タイヤの銘柄やサイズが決められているレースでは転がり抵抗を減らすため、空気圧を極端なくらい上げたセッティングの車両も少なくない。サーキットを走るときのタイヤ選び画像はこちら

 珍しいケースかもしれないが重心の高いローパワーなクルマで、足まわりも純正なのにハイグリップタイヤを履かせた結果、タイヤだけが粘って横転した事故を見たことがある。つまりエンジンパワーや足まわりとのバランスが大事で、グリップだけを上げてもプラスになるとは限らないということだ。サーキットを走るときのタイヤ選び画像はこちら

画像ギャラリー