ホンダ・シティ・カブリオレが1/43スケールになってインターアライドから登場!

ホンダ・シティ・カブリオレが1/43スケールになってインターアライドから登場!

12色ある中から4色がモデル化!

 模型メーカーのインターアライドから、同社オリジナルブランド“ハイストーリーシリーズ”のレジン製1/43スケール「ホンダシティカブリオレ」が8月に発売される。同ブランドは主にモデル化に恵まれなかった国産車をミニチュアカーとして商品化している。

 1984年に登場したシティカブリオレは、83年に登場したターボIIのボディをベースにオープンボディを装備したモデル。エンジンは直列4気筒OHCで67馬力(5MT)を発揮していた。

【関連記事】限定車でもないのに「40台」しか売れず? 泣かず飛ばずのトホホな「平成不人気車」7選

オートモビルカウンシル2018に出展されたホンダ・シティカブリオレ画像はこちら

 このシティのトピックスといえば、ボディの基本構造やソフトトップのスタイリングとレイアウトは、フェラーリのデザインも手掛けているイタリアのカロッツェリア“ピニンファリーナー”が担当したこと。オートモビルカウンシル2018に出展されたホンダ・シティカブリオレのリアビュー4画像はこちら

 ボディカラーも豊富で、標準色に加え専用色を含め12色のカラーリングを採用していたが、インターアライドでは、マイアミブルー、ジョイフルピンク、フレームレッド、グリーンホワイトの4色で展開。内装はファブリックシート仕様となっている。シティ独特のキュートな外観デザインがあいまって、爽快感あふれるシティ・カブリオレの雰囲気をミニチュアカーでも再現している。インターアライド製の1/43スケール「ホンダ・シティカブリオレ」の白いボディカラー画像はこちら

 価格は税抜き9800円となっている。全国の模型店やインターネットで購入ができる。

※画像は試作品のため、製品版とは異なる箇所があります。

【詳しくはこちら】
http://www.interallied.co.jp/

画像ギャラリー