GRスープラ軍団に一矢を報い、開幕戦のリベンジを果たしたNSX【SUPER GT第2戦富士】 (1/2ページ)

GRスープラ軍団に一矢を報い、開幕戦のリベンジを果たしたNSX【SUPER GT第2戦富士】

スープラ勢を押しのけてきたNSX勢

 8月8、9日、富士スピードウェイではSUPER GT第2戦となる『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』が開催された。

【関連記事】サーキット走行は最後まで気を抜けない! 愛車を守る「チェッカー後」の儀式とは

No.8 ARTA NSX-GTの野尻智紀/福住仁嶺組がポールポジション画像はこちら

 3週間前に、舞台も同じ富士スピードウェイで開催された開幕戦では今年がデビューシーズンとなるGRスープラがライバルを一蹴、GT500ではトップ5を独占するとともに、No.37 KeePer TOM’S GR Supraの平川亮/ニック・キャシディ組が見事なポールtoウィン。さらに彼らはレース中のベストラップもマークするパーフェクトウィンだった。

 加えてGT300に出場していたNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GTの吉田広樹/川合孝汰組が、こちらもGRスープラのデビューレースウィンを飾っていた。因みに チーム(埼玉トヨペット Green Brave)にとってはこれが嬉しい初優勝で、まさにGRスープラ一色に染め上げられていた感があった。

 そんな開幕戦を受けての第2戦だったから、大方のファン、そして関係者も含めて、このレースの最大の焦点は、GRスープラの独走が続くのか、はたまたNSXやGT-Rの反撃はなるのか? という一点に絞られていた。

フロントローを独占したNSX。気になる課題も…

 だが、公式予選ではNo.8 ARTA NSX-GTの野尻智紀/福住仁嶺組とNo.17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大/ベルトラン・バゲット組、2台のNSXがフロントローを奪い反撃の狼煙を上げて見せた。ポール会見で野尻は「決勝重視のセットでポールを獲れたのは大きい」とコメントしていたが、それは日曜日の決勝レースできっちり証明されることになった。

2台のNSXがフロントローを奪い、レースはスタート画像はこちら

 フロントローから飛び出した2台のNSXは、GRスープラが主体となってポジション争いを続ける3位以下の集団を着実に引き離していったのだ。もっとも、デリケートな性格が影響したか、8号車の後半スティントを担当した野尻が、ピットアウト直後、まだタイヤが温まりきっていない状況で、早めにルーティンピットを行っていた(当然、この時点でタイヤは充分に温まっていた)17号車に猛チャージを掛けられ、ダンロップコーナーの2つ目で痛恨のスピン。勝負権を失ったことは若干皮肉な結果でもあった。

優勝はNo.17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大/ベルトラン・バゲット組画像はこちら

 これで楽になった17号車は、その後も快走を続けトップチェッカー。FRにコンバートされたNSXに初優勝をもたらしている。17号車の勝ちっぷりは、まさに横綱相撲。レース終盤になってNo.36 au TOM’S GR Supraの関口雄飛が後方から追い上げてきたが、関口がペースを上げれば塚越もペースを上げ、という展開で付け入るスキを与えなかった。もっともだからといってオールマイティの強さを手に入れたかというと、そうでない部分も散見された。

 同じブリヂストンタイヤを装着する3台目のNSX、No.100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/牧野任祐組が予選から苦しんでいたのだ。公式練習と公式予選のQ1ではトップタイムをマークしながらもQ2で7位に沈んでしまった。

No.100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/牧野任祐組画像はこちら

 責任感の強い山本尚貴は「自分の力が足りなかった」とだけコメントしたようだが、トラフィックや急激に低下した路面温度の影響も見逃せない。デリケートな(デリケート過ぎる)性格は、まだ未解決のようだ。

不調を極めたGT-R。解決の兆しは見えたのか…

 開幕戦でライバルを一蹴したGRスープラに対して、NSXは予選だけは速いけど決勝で遅くなる、と酷評されていた。さらに、予選でも決勝でも速くない、と揶揄されたGT-R。技術的な話になるがSUPER GTで採用されているNRE(Nippon Racing Engine:トヨタとホンダ、日産が共通の規定で開発した2ℓ直4直噴ターボの競技用エンジン)ではトヨタが最初にプレチャンバーと呼ばれる副燃焼室をトライ。かつてCVCCでもトライしていた本家とも言うべきホンダもこれに続いたが、日産では今シーズンから採用した、らしい。

日産が苦戦している2ℓ直4直噴ターボの競技用エンジン画像はこちら

 各メーカーの関係者と話していると、世間話のレベルではヒントも漏らしてくれるのだが、公式なインタビューとなるとなかなか口が堅いのが現状。ともかく、このエンジン開発で最新技術の投入に出遅れた日産は、開幕前の公式テストから厳しい戦いを強いられていた。

 開幕戦ではすべてのセッションでトップ6に入れず(公式予選のQ1でNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの平手晃平が3番手タイムをマークして気を吐いたが…)、レース中のベストラップでもトップから1秒以上も遅れてしまうほどだった。

No.12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木大樹/平峰一貴組画像はこちら しかし今回は公式練習でNo.12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木大樹/平峰一貴組が3番手につけて好調な滑り出しを見せると公式予選でも佐々木組が4番手につけ、直後にNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/ロニー・クインタレッリ組が並ぶなど、上昇気流に転じた気配を漂わせていた。

 ただし決勝では6番手でゴールした佐々木組が他車との接触で40秒加算のペナルティを科せられポイント圏外に後退してしまった。そして速さではGT-R勢のトップだった彼らも、ベストラップで比べるとNSXの8号車にはコンマ7秒も後れを取っている。そしてミシュランを履く2台の苦戦も気になるところ。コロナ禍で、フランスから空輸してくる関係で厳しい面もあるようだが彼らの復調が待たれるところだ。

画像ギャラリー