日本人オーナーチーム「HRE」がプレイオフで今季2勝目! 【NASCARトラックシリーズ】 (1/2ページ)

日本人オーナーチーム「HRE」がプレイオフで今季2勝目! 【NASCARトラックシリーズ】

プレイオフ・第2ステージ進出を確定

 アメリカでもっとも人気のあるレースシリーズNASCAR(ナスカー)に長年挑戦してきて、現在はナスカー唯一の日本人オーナーとしても活躍している服部茂章氏が代表を務めるチーム「Hattori Racing Enterprises (HRE)」は、今シーズンもナスカー3大シリーズのひとつ「GANDAR RV&OUTDOORS TRUCK SERIES(トラックシリーズ)」へシリーズタイトル獲得を目指し、若手ドライバーのオースティン・ヒル選手を起用し、挑戦を続けている。HRE16号車の走行シーン画像はこちら そのナスカー。シリーズも例に漏れず、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け一時はレース自体を中断していたが、無観客で練習走行や予選セッションを行わない決勝だけでのレースを開催している。このナスカーのトラックシリーズも同様に、無観客決勝のみのレースフォーマットを採用している。

 すでにレギュラーシーズンは終わり、現在はプレイオフに突入。その第1ステージ2戦目となったのが、9月25日(木)にネバダ州ラスベガスで開催となったトラックシリーズ第18戦「World of Westgate 200」である。このプレイオフ第1ステージは、前回のブリストル、このラスベガス、それに続くタラデガ戦の3戦でプレイオフに進出した10名のドライバーから8名へと絞られることになる。ラスベガスにあるラスベガス・モーター・スピードウェイは、1周1.5マイル(2.41km)のオーバルコース。20度のバンクは、アウト側に寄るほどバンク角が高くなっている「プログレッシブバンク」となっており高速インターミディエイトオーバルである。ラスベガスにあるラスベガス・モーター・スピードウェイを走行するHRE16号車画像はこちら 今回の第18戦へ、HREは今季初カラーリングとなるWeins Canadaカラーのタンドラ、#16 Weins Canada TOYOTA TUNDRAでこれに参戦する。「Weins Canada」は、トヨタの国内販売店として初めて海外に進出した横浜トヨペットが展開する自動車販売グループで、カナダ・オンタリオ州トロントに拠点を置き、カナダでトップのトヨタディーラーを含む14店舗を展開している。

 今回のラスベガス戦もこれまで同様に練習走行も予選セッションも行なわれず、決勝レースのみを行なうレースフォーマットでの開催。ラスベガスのコースを、第1ステージ30周、第2ステージ30周、そして最終ステージが74周という134周で争われる決勝レースとなる。第1ステージ30周、第2ステージ30周、そして最終ステージが74周という134周で争われたラスベガス戦画像はこちら

画像ギャラリー