F1直系のカーボン車体に飛行機ばりのエアブレーキ! 億超えもあった伝説の「SLRマクラーレン」の衝撃 (1/4ページ)

F1直系のカーボン車体に飛行機ばりのエアブレーキ! 億超えもあった伝説の「SLRマクラーレン」の衝撃

歴史的モデルの流れを汲むフラッグシップスポーツ

 2003年、フランクフルトモーターショーで発表されたメルセデス・ベンツ「SLRマクラーレン」はそのネーミングどおり、モータ-スポーツの最高峰であるF1でジョイントしたメルセデス・ベンツとマクラーレンが共同開発した最高級のスーパーカーである。メルセデス・ベンツ伝説のレーシングスポーツカー「300SLR」の系譜を受け継ぐ最高級スーパーカーとして発表された衝撃は凄まじいものだった。「300SLR」の系譜を受け継ぐ最高級スーパーカー「SLRマクラーレン」

 つまり1955年に活躍した伝説のメルセデス・ベンツ300SLRが蘇り、しかもマクラーレンの名まで添えられていたのだ。今回はこの両社のジョイント開発経緯や話題となった主な装備や機能にスポットを当て紹介しよう。

伝説のメルセデス・ベンツ300SLR(1955年)

 まずはSLRマクラーレンの原点ともいえる、1955年登場のメルセデス・ベンツ300SLRについて振り返ってみたい。車名の300は3Lエンジンを差し、SLRはドイツ語の「Sport Leicht Rennwagen(スポーツ軽量レーシングカー)」を意味。シャーシは鋼管スペースフレームを採用していた。SLRマクラーレンの原点ともいえる300SLR

 1954年のメルセデス・ベンツのスポーツカーと言えば、ガルウイングドアや世界初のガソリン直噴エンジンを搭載し240PSを誇り、先進のメカニズムを満載した市販車「300SL」が有名だが、当時F1で活躍していたW196(ボディはオープンホイールとエアロダイナミックなストリームライナーの2タイプ)をベースに1955年にもう1種スポーツカー・エディションが同時に造られた。ガルウイングドアや世界初のガソリン直噴エンジンを搭載した「300SL」

 コードは「W196S」、通称「300SLR」。エンジンのみスポーツカー・チャンピオンシップのレギュレーションに合わせて3L、310PSにチューン。この300SLRのデビューは1955年のイタリアのミレ・ミリアで、スターリング・モスとジェンキンソンのコンビが優勝したのは有名だ(No.722はスタート時間の午前7時22分)。特にル・マンタイプは大きな特徴を持っていた。1955年のイタリアのミレ・ミリアでデビューした300SLR

 それはコーナー入り口で制動をかける時、リアの大型エア・フラップが持ち上がり、高速サーキットでの厳しいブレーキングを助ける機構だ。そのエアブレーキ・フラップを使う時のシーンは実にダイナミックで、ル・マンの観衆を大いに沸かせた。ブレーキング時にはリアの大型エア・フラップが持ち上がり、高速サーキットでの厳しい減速を助ける

画像ギャラリー