afimp Style up Car Contest 2020 【第296回 岡山県 モウフ】 (4/4ページ)

noteで書く

【VWゴルフ・オールトラック】

吉迫一輝サン 28歳(広島県竹原市)

 ヴァリアントの中でも4WDのオールトラック。元々は未舗装路用のアクティブなクルマなのを10cm近くローダウン。人と被らない車種をさらにローダウンする事で唯一無二な存在感でアピール。「車高を下げるとフェンダーアーチなどの4WD系パーツがエアロ的に見えるんです」とは、確かに!

【関連記事】うまくいけば安価に入手できる可能性! 効果抜群の純正パーツ流用チューニング3選

交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

(J) ロティフォームLAS-R(8.5×19+45) (K) ピレリP-ZERO(225/35) (M)(N) KW・Ver.1 (Q)スーリー・ジェットバック (S) パークライン・リアサブフレームインサート、ロールセンタースペーサー

【アウディR8 GT】

中村大輔サン 41歳(愛知県名古屋市)

 なんと日本に5台のみという貴重な限定車のGT。このGT、その純正ボディパーツが超プレミアムで、リアガラスはアクリル、エンジンは赤、純正でバケットシートを装着、シフトノブはカーボン製でシリアルナンバー入り…とスペシャル仕様。超レアなのに「限定車をやりまくります!」と男気コメント!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

(A) 純正カナード (B) バランスイット (C) 純正ダクト付きバンパー (D) 純正 (J) ニュートレイルMS10トラック(9.5×19/12×20) (K) コンチネンタル6(255/30:305/25) (M) KW・Ver.3 (S) バランスイット・ロールバー

【アウディR8】

谷川 翔サン 29歳(岡山県倉敷市)

 普段の足は軽四というオーナー。休日の時用にと購入したのがこのR8。「丸みを帯びた薄っぺらいこのカタチが好き」との事。フロントとサイドにはカーボンパーツのバランスイットを装着。効果的なスポーティさで、ニュートレイルのこのフィン形状ホイールもR8によく似合っていますね。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

(A)(B) バランスイット (J) ニュートレイルMS15モノ(9×20/12×20) (K)コンチネンタル6(235/30:305/25) (O)アカギレーシング

【アウディR8】

清田健司サン  (岡山県玉野市)

 以前のA5、A6アヴァントでは車高調を装着していたものの、このR8の足回りには「上げ下げの幅が結構あって便利」だというプラジスのエアサスを装着。純正がイマイチしっくりときていない事もあってシートにもレカロを入れたいとの事。一緒に写っているのは、娘のくるみサン、孫のゆうか君です。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

(A)(B) マクストン (J) ニュートレイルMS9(9×20/12×20) (K) コンチネンタル(235/30:305/25) (M)(N) プラジス (O)アカギレーシング

【ゴルフRヴァリアント】

福尾有哉サン 32歳(岡山県笠岡市)

 7Rのヴァリアントから7.5Rのヴァリアントへと変わった事で、7速化したミッションもあり、走りや剛性が格段にアップしているとか。「普通に走って快適に走れるクルマです」との事で、十分満足かと思いきや、次はAPRをステージ2に変更し、さらにホイールもニュートレイルで探しているとか。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

A ストンピンアーク(カーボン) (B) 不明 (J) AGIO competizione(9×18) (K) ミシュラン・パイロットスポーツ4S(225/40:235/40) (M)(N) KW・Ver.3 (O) レムス・パワーサウンドマフラー (L) APRステージ1 (S) 034モータースポーツ・ドッグボーンマウントインサート/X34カーボンファイバーコールドエアインテーク/ビレッドリアサブフレーム・マウントインサート

【アウディTTRS・プラスクーペ】

山本大祐サン 60歳 (岡山県赤磐市)

 エンジン関係を始め、速さへのパフォーマンスアップに余念がないオーナー。APRはステージ2+(インタークーラー、ダウンパイプ)にしたことで、さらにフィーリングが良くなったとか。このTTRSのプラスクーペは昔から欲しかった一台との事で、かなりのお気に入り。これからも大切にしてくださいね!交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

(A)(B)(C) ASスポーツ (E) カーボンカバー (H) Dottyシートカバー (J) ニュートレイルMS10クラシック(9.5×20) (K) コンチネンタル6(255/30) (M)(N) KW・Ver.3 (L) APRステージ2+ (Q) OSIRカーボンサイドベントブレード (R) パドルシフト、センターコンソールカバー、OSIRクーラントカバー/イグニッションカバー、カーボンステアリングカバー (S) HFシリーズ・ラムエア、034モータースポーツ・カーボンインテーク、ワグナーチューニング・インタークーラー、APRダウンパイプ、プラズマダイレクト

【アウディTTS】

藤原達也サン 19歳(岡山県倉敷市)

 免許取得後初の愛車がこのサモアオレンジのTTSというオーナー。お父さんがずっとアウディ乗りということもあり、毎週のようにモウフに通っているんだとか。1月購入で3月納車かぁ。今が一番楽しい時期ですよね~。今後はフロントリップやマフラーを付けたいと現在思案中らしいです。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

 

(J) ニュートレイルMS10(9×20) (K) ファルケン(245/30) (M)(N) ST車高調

 

モウフ

 親子2世代での付き合いや、他府県からの来店も多数という、
アウディとVW乗りの聖地となるプロショップ、モウフ。足回りはほぼKWオンリー。
「自由度がある、選択肢が多い、お客さんに一番近いメーカー」とノウハウもカンペキ。
ホイールは“ニュートレイル”をオススメしているという妹尾社長。
ベースとなるクルマから探 して欲しいというオーダーも数多く、
車両選び から気軽に付き合えるプロショップなのだ。交通タイムス社が発行する「afimp」主催のミーティング「スタイルアップカーコンテスト2020」の第296回を岡山県のモウフにて開催画像はこちら

モウフ
岡山県岡山市北区今保189-1
TEL.086・245・1533
営業11:00~20:00
毎週水曜休
http://www.mouf.biz

noteで書く

画像ギャラリー