最強の名を欲しいままにした「スカイラインGT-R」も完璧じゃなかった! 歴代5モデルが抱えた「弱点」とは (1/2ページ)

最強の名を欲しいままにした「スカイラインGT-R」も完璧じゃなかった! 歴代5モデルが抱えた「弱点」とは

歴代スカイラインGT-Rにもあった弱点

 箱スカ、ケンメリの後、17年振りに復活したR32、R33、R34と続いたスカイラインGT-Rはどれも魅力ある素晴らしいクルマたちである。しかし、それぞれハードウェア、周辺の背景に代表されるソフトウェア的なものを含めそれなりの弱点もあった。それがまた個性を引き立てていたと思えるだけに、ここで挙げてみようと思う。

「箱スカ」GT-Rのセダンは曲がりにくい

 スポーツセダンとしてよくまとまっていた「箱スカ」と呼ばれた3代目スカイラインに、レーシングカーであるR380に搭載された2L直6DOHCエンジンを市販車向けに再チューニングしたS20型エンジンを搭載した「箱スカ」GT-RはGT-Rの名に相応しい日本最強のクルマだった。

【関連記事】バブルを謳歌したデートカー御三家「ソアラ」「シーマ」「プレリュード」!「六本木ナンパ戦争」の無敵艦隊だったワケ

3代目のスカイラインにGT-R登場画像はこちら

 しかし、当初4ドアセダンでデビューしたGT-Rはアンダーステアの強い、曲がりにくいクルマだったという。しかし遅れて追加された2ドアハードトップのGT-Rは、4ドアセダンのそれに対しホイールベースが70mm短縮されたこともあり、ハンドルを切った通りに曲がるニュートラルステアに仕上がっていたそうで、箱スカGT-Rの弱点を克服した。スカイラインGT-Rクーペ画像はこちら

「ケンメリ」GT-Rは排ガス規制に泣かされる

 広告キャラクターから「ケンメリ」と呼ばれた4代目スカイラインのGT-R。が、登場こそしたものの、排ガス規制の開始という時代背景により、レーシングカーのコンセプトモデルが東京モーターショーに出展されたものの、結局わずか197台しか生産されず、モータースポーツにも参戦しなかったことがある意味最大の弱点だ。「ケンメリ」GT-R画像はこちら

 ただケンメリGT-Rはケンメリスカイライン自体がボディサイズを拡大し、車重も若干増加したこともあり「モータースポーツに参戦しても箱スカほどの成績は納められなかっただろう」という意見もあったようだ。

結果「フロントヘビー」になったR32

 17年振りに復活したR32GT-Rは薄れていたスカイラインのスポーツイメージを蘇らせるべく、「当時のグループAやグループNといったツーリングカーレースを制覇するためのベース車」という明確な目的を持ったモデルだった。そのために採用されたメカニズムがレーシングカーにした際に有利となる2600ccという中途半端な排気量のRB26DETTエンジンや、FRを基本に必要な時にだけ4WDとなるアテーサET-Sなどである。グループAレースで猛威を振るったスカイラインR32GT-R画像はこちら

 R32GT-RはグループAのツーリングカーレースというカテゴリーがなくなってしまうほど勝利を重ね、狙い通りの大成功を納めた。しかし、市販車は直6エンジン+4WDというフロントの重さにより、コーナリングの限界域で強いアンダーステアが出るというのが最大の弱点だった。

画像ギャラリー