いまあるクルマで乗降性が激変! なんと「レカロ」も選べる後付け回転シートの中身 (1/2ページ)

いまあるクルマで乗降性が激変! なんと「レカロ」も選べる後付け回転シートの中身

いっしょに出かける人の助手席こそフォロー

 介護は不要という元気な高齢者であったとしても以前と比べれば手足に力が入りにくくなっているし、身体をひねったりするような動かし方は苦手になったというケースは多い。こうした衰えはふだんの生活のなかでも伺い取れるので、高齢のご家族や知人をクルマに乗せて出かけるときなど「乗り降りしにくそうだな」と感じる人も多いのではないだろうか。

【関連記事】ペダルの踏み間違いは「起こるべくして起こる」! 事故を起こしがちな人「あるある」とは

回転シート付きの新車が増えているが高い画像はこちら

 そういったニーズに対して自動車メーカー各社は、高齢者向けに助手席が外向きに回転して乗り降りしやすいよう改良した「回転シート装着車」を設定しているのだけど、代替え時期でもない限り「乗り降りがしにくそうだ」という気持ちだけでクルマを買い換えることはなかなか難しい。そこでチェックしたいのが、あと付けの手動式助手席回転シートだ。

 

乗り降り楽々を みんな誰にでも

 前後スライド機能に加えてシートを回転させることができるシートベースをあわせたこの製品は、介助が必要な人向けにというだけでなく、ひとりでも乗り降りできるけど「回転機能があるとより楽だ」という人の使用を考えたものである。つまりふつうの人が使用するのもまるでおかしくない製品なのだ。

 こうしたアイテムは福祉用品を扱ういくつかの企業から発売されているようだが、今回紹介するのは三菱自動車などの自動車メーカーに純正シートを納入している自動車内装部品メーカーの「丸菱工業株式会社」が製造、販売をしている「らくらく快転シート」だ。

丸菱工業の「らくらく快転シート」画像はこちら

 らくらく快転シートについては約2年前、国際福祉機器展レポート内でも紹介したことがあるが、最大の特徴は「助手席回転シートがあと付けできる」という部分で、シートサイズのコンパクト化に形状もシンプルにしていることから車内の広さに余裕がない軽自動車へも対応するようになっている。

 現在のラインアップは表のとおりだが、最新の情報では現行のスズキワゴンR、ハスラー、そして3代目のekワゴン用が近日発売予定及び開発計画中となっているようだ。

 このうちワゴンR、ハスラーのいずれかは2021年4月頃に予定されている大阪のバリアフリー展で展示したいという方向で動いているとのことだった。らくらく快転シートはシート+回転ユニットのセットで価格は16万円(税抜き)となっている。

丸菱工業の後付け回転シート適合車種は多い画像はこちら

 ラインアップに加える車種の選定については社内で検討するものもあれば、ユーザーからの要望で設定車へ追加されることもあるようだ。

 こちらのケースとしては2020年5月頃、トヨタのプレミオという普通車セダンに乗る個人ユーザーから「どうしても取り付けたい」という相談がありワンオフ対応として製作をした。そしてこの製作を通じてデータを取得できたので以後、同じ車種用の依頼があれば対応可能になっていると言うことだ。

 プレミオの件に限らず、こうした依頼を受けることは他の車種でも可能とのことだが、快転シートを付けるには室内寸法の採寸やシート仮付けなどが必要になるため「作業をするときにクルマを持ち込んでくれること」が条件になる。また、作業は段階を追って進むので現車が必要になる機会は製作期間中、数回発生するので、その都度クルマを持ち込めることも求められる。

 気になる費用負担は回転シートの定価に加えて約2~3万円アップとワンオフ対応にしては格安だが、丸菱工業までクルマを持ち込む費用など、クルマ側に掛かるぶんのお金はすべては依頼主が負担。完成までの期間は受注状況にもよって変わるがおよそ2ヶ月とのことだ。ラインアップにない車種で快転シートを付けてみたいと考えている人は、丸菱工業へ問い合わせて欲しい。

画像ギャラリー