「華麗に」使いこなしてこそ「MT使い」だった! 消えたドラテク「ダブルクラッチ」とは (1/2ページ)

「華麗に」使いこなしてこそ「MT使い」だった! 消えたドラテク「ダブルクラッチ」とは

スピードに合ったギヤシフトを自分で操作

 技術の進化というのは日進月歩、凄まじいものがあって「イージードライブ化」というのもそのひとつで、今では誰でもとくに構えることなく、運転することができる。オートマチックの普及がいい例だが、マニュアルでもじつは進化というものがある。

【関連記事】「シティカブリオレ」に「サイノス・コンバーチブル」! 懐かしの国産「庶民派オープンカー」を振り返る

マニュアルトランスミッション車マツダロードスター画像はこちら

マニュアルミッションの「すんなりシフト」は快感

 マニュアルトランスミッションというと、現在でも運転するのに少しコツがいるが、その昔は比べ物にならないほど、テクニックやスキルが必要だった。具体的にどんな感じかというと、シフトがうまく入らないとかクラッチのつなぎ方が荒いとギクシャクするなど。後者のギクシャクは今でもあるにはあるが、問題はシフトがうまく入らないとか、渋いといった症状。構造的に原因があって、一番大きなのは「シンクロ」が弱いということ。マニュアルミッションのスカイライン2000GT画像はこちら

「シンクロ」というのはご存知の方も多いと思うが、シフトするときにギアの回転数を合わせるパーツで、古いクルマはそもそも弱かったり、摩耗しやすかったりして、現在のクルマのようにスコスコと入るとは限らなかった。ちなみに現在のMTでは、ダブルやトリプル化されていることも多く、素材もタッチがよくなるカーボンを使用していたりする。

シンクロパーツ画像はこちら

 では、部品的に入りがよくないからどうしようもないかというと、じつはきれいに入れるテクニックがある。それがダブルクラッチだ。文章では非常に解説しづらいが、操作としてはシフトをするとき、とくにシフトダウンのときに、一旦ニュートラルでクラッチをつないで、アクセルをあおって回転を合わせてやるというのが一連の流れ。

画像ギャラリー