頼れるのは「己の腕」のみ! 「ロードスター」や「86&BRZ」に続いて「ヤリス」も始まるワンメイクレースの中身 (1/2ページ)

頼れるのは「己の腕」のみ! 「ロードスター」や「86&BRZ」に続いて「ヤリス」も始まるワンメイクレースの中身

レースを始めるにはワンメイクレース

 最近ではレースを始めるうえでのハードルが、ずいぶん引き下げられてきました。その中でのキーワードの一つがワンメイクです。直訳すると『一つの銘柄』とでもなるのでしょうが、レースにおいては同じものを使用する、と解釈されています。その存在理由としては同じものを使用することでドライバー個人のスキルがより重要になってくる。つまり“道具の勝負”ではなくドライバーの“腕の勝負”のレースになる、という訳ですね。

コスト低減のワンメイクは世界最高峰でも

 また同じものを使用するということで、開発コストを低減させる効率化の意味合いがあるのも重要でしょう。ただこれはビギナー向けの入門レースだけではなく、例えば世界最高峰のモータースポーツとされるF1GPでも、タイヤがピレリのワンメイクとなっていますし、国内最高峰の一つ、スーパーフォーミュラ(SF)ではヨコハマタイヤがワンメイクのコントロールタイヤを供給するだけでなく、クルマ本体(=シャシー)もダラーラのワンメイクとなっています。

【関連記事】「寒いほうが速い」のは何故? 冬にサーキットを走る「メリット」と「意外な注意点」とは

スーパーフォーミュラではヨコハマタイヤとダラーラのワンメイク画像はこちら

 だからと言ってSFがドライバーのドライビングスキルだけで戦われているわけではなく、ドライバーとチーフエンジニアとがミーティングして進められるクルマのセットアップも、勝敗の大きな要因となっています。

 フォーミュラカーを使ったワンメイクレースとしては先に少し触れたように、国内最高峰のフォーミュラレースであるSFも、エンジンはトヨタとホンダがそれぞれ開発したN・R・E(ニッポン・レース・エンジン)と呼ばれる2ℓ直4直噴ターボ・エンジンを使用していますが、ダラーラのシャシーとヨコハマタイヤのパッケージはワンメイクです。

 79年から始まったF3の後継で、SF直下のカテゴリーと位置付けられているスーパー・フォーミュラ・ライツ(SFL)もエンジンは19年までのF3規定に合致したものでワンメイクではありませんが、シャシーはダラーラ、タイヤはヨコハマのワンメイクとなっています。さらに今年からレースシリーズが開始されたフォーミュラ・リージョナル(FIA-RF3)やFIA-F4は、童夢製のシャシーに、アルファ・ロメオの1.75ℓ直4ターボや、トムス製の2ℓ直4エンジンを搭載。タイヤはともにダンロップのワンメイクとなっています。フォーミュラ・リージョナル・マシン画像はこちら

 ワンメイクレースを歴史的に振り返ってみると、ライバルが淘汰され結果的にワンメイクとなったレースシリーズと、レギュレーションでワンメイクを謳ったレースシリーズ、の2通りがあります。スカイラインGT-Rのワンメイクとなった全日本ツーリングカー選手権終盤画像はこちら

 前者の例を引き合いに出すなら、80年代半ばから90年代序盤に大きな盛り上がりを見せていたグループA車両による全日本ツーリングカー選手権ですが、オーバーオールで優勝を狙うクラス1(旧Div.3)ではフォード・シエラが駆逐される格好でスカイラインGT-Rのワンメイクとなり、クラス2(旧Div.2)でもやはりBMW M3のワンメイクとなってしまいました。グループA車両のBMW M3画像はこちら

腕を磨く場として重要なワンメイクレース

 一方後者のレギュレーションでワンメイクを謳ったレースシリーズについては、81年に始まったシビック・レースがその嚆矢で、やがてメーカーの主導によってさまざまなワンメイクレースが誕生しています。シビック・ワンメイクレース画像はこちら

 シビック・レースはその後、ホンダ・ワンメイク・レースと名称が変わりインテグラを使用したこともありましたが、上級カテゴリーの“インターカップ”を設定することでハコ遣いのスペシャリストを数多く輩出しています。

 そんなインターカップも含めてシビックレースはなくなってしまいましたが、同じ立ち位置にあるのが86/BRZ のプロフェッショナルシリーズです。先日、21年シーズンのレースカレンダーが発表されたところですが、谷口信輝選手を筆頭にSUPER GTなどのトップカテゴリーで活躍するベテランがタフなバトルを展開。そこに挑んでいく若手の争いも大きな見どころとなっています。86/BRZ のプロフェッショナルシリーズ画像はこちら

 ただし、競技車両はトヨタ86とSUBARU BRZのワンメイク(2メイクス?)ですが、タイヤが自由に選べることからタイヤメーカーの開発競争がヒートアップしているのが気になるところです。

画像ギャラリー