なぜ関西は「軽自動車」なのか? 西のサーキットでKカーがモテるワケ (1/4ページ)

なぜ関西は「軽自動車」なのか? 西のサーキットでKカーがモテるワケ

年の瀬迫る年末恒例の走行会も大盛況

 京都の軽スポーツカー専門店、NAVIC(ナビック)が12月29日(火)、三重県鈴鹿市にあるモーターランド鈴鹿で2020年最後の走行会「ナビック年忘れマッタリ練習会2020」を行った。これはナビックが定期的に行っている軽自動車オンリーの走行会で、一人1万2000円で一日楽しめる。

【関連記事】サーキット初心者女子が体験してビックリ! 公道とは違う独自の「ルール」5つ

ナビック年忘れマッタリ練習会2020の集合写真画像はこちら 一日とは言っても、通常ならば30分の走行枠が数回というのが通常だが、この「マッタリ練習会」は、チェッカーフラッグを振らないというコンセプトで、何年も行なっている。チェッカーフラッグを振らないというのは、上級中級初級と自己申告によるクラス分けと、それぞれ20分ずつという走行枠はあるものの、走行を止めないまま、緩やかに走行車両が入れ替わるというコンセプトで行われている。ナビック年忘れマッタリ練習会2020のエントリー車両画像はこちら セッションを区切ることで発生するインラップ、全コースクリアの確認、アウトラップの時間をカットすることで、より走行に集中できるという。もちろん、これには参加者の意識も必要だが、ここではすでに何年も行なわれており、その意識はきっちりと浸透しているようだ。年末押し迫ったこの日ももちろん大盛況で、参加台数は70台に迫る勢いであった。

画像ギャラリー