日常からサーキットまで有用な運転テク! 実は奥深い「荷重移動」とは (1/2ページ)

日常からサーキットまで有用な運転テク! 実は奥深い「荷重移動」とは

速さだけじゃなく安全にも役立つ基本スキル「荷重移動」

 ドラテク本やスクールでよく聞く「荷重移動」と呼ばれるドライビングの基本スキル。しかしその意味や走る上で大切な理由、練習方法を理解しているだろうか。サーキットでの速さだけじゃなく一般道での安全運転にも役立つ荷重移動について、この機会に改めて復習してみよう。

【関連記事】750馬力の化け物トラック! ダカールラリーを制覇した「日野レンジャー」がモンスター過ぎた

サーキットでの速さだけじゃなく一般道での安全運転にも役立つ荷重移動画像はこちら

荷重移動でクルマは曲がりやすくなる

 まずはドライビングにおける“荷重”とは何なのかを再確認したい。簡単に説明すればクルマ、特にタイヤにかかる重さのことを指す。その荷重をドライバーが自らの意思で前後左右に動かし、クルマを曲がりやすくすることが「荷重移動」なのだ。ドライビングにおける“荷重”とはタイヤにかかる重さのことを指す画像はこちら

 普段の運転では意識しないかもしれないが、じつは誰もが日常的に荷重移動を行なっている。走行している状態のクルマには慣性の法則が常に働いており、アクセルを踏めば荷重はリヤへ移動し、ブレーキを踏めばフロントに移動、ステアリングを右もしくは左に切り込めば荷重はその逆方向に移動。フルノーマルの市販車でもフォーミュラカーでも、サスペンションのないカートでもコレは一緒で、タイヤの数こそ違えどバイクでも自転車でも荷重移動は起きている。じつは誰もが日常的に荷重移動を行なっている画像はこちら

 ではスポーツ走行における基本と言われるのはナゼか。答えは荷重の変化はタイヤの接地荷重であり、それはタイヤのグリップとして如実に現れるからだ。荷重が増えればグリップは高くなるし、反対に荷重が減ればグリップは低くなる。とはいえグリップには限界があるので、それを超えない範囲で移動させなければいけない。荷重の変化はタイヤの接地荷重である画像はこちら

 例えばコーナリングで車体前方に荷重移動したとしよう。減速すればフロントタイヤのグリップは増すが、それと引き換えにリアの荷重が抜けるため不安定な状態に。つまりリアのグリップが減りスピンしやすくなってしまう。また上り勾配のコーナーでは常に荷重がリヤ寄りとなっており、フロントの荷重が足りずにアンダーステアを出しやすくなる。サーキットでフロントに荷重をかけてコーナーに侵入するスバルWRX STI画像はこちら

画像ギャラリー