上空からの映像でバック駐車がラクラク! データシステムから「1カメラスカイトップビューSKY812」が登場

上空からの映像でバック駐車がラクラク! データシステムから「1カメラスカイトップビューSKY812」が登場

古いクルマでも後付けで取り付けられる

 運転歴が長くてもバック駐車が苦手という方が多いのではないだろうか。とくに両サイドに車両が止まっている場合、左右均等に駐車できないとドアが開けにくくなったり、隣のクルマからドアパンチ被害にあう可能性もある。

 最近のクルマは駐車現場でドライバーを補助してくれるシステムがあったりもするが、クルマが旧くてもなにか良い方法がないのだろうか…と悩んでいる方にこれは朗報だ。ドライブレコーダーやドレスアップパーツなど自動車アフターパーツ総合メーカーのデータシステムから駐車時に助けてくれる『1カメラスカイトップビューSKY812』が登場した。早速紹介をしていこう。1カメラスカイトップビューのイメージ画像

車両の真上からの映像を実現

 最近のクルマで安全運転をサポートするためにメーカーが採用しているものは複数のカメラを使い、頭上から自車位置を映像化する機能。これは駐車スペースに後退するときや縦列駐車時の運転手を補助する機能として評価が高い。その装備を旧いクルマでも後付けで取り付けられるというのだから嬉しい。駐車時にナビに写るスカイトップ映像

『1カメラスカイトップビューSKY812』最大の特徴は、自動車メーカーでバードビューやアラウンドモニターなどの名称でおなじみの車両の真俯瞰(上空からの眺め)をモニターに映し出せるということだ。メーカーの純正品はおおむね、安全運転をサポートする複数のカメラからの映像を合成しているのだが、本製品はリヤにカメラ1個だけの記憶合成という方式を採用しているもの。リアカメラひとつで真上からの映像を実現する

 リアルタイム映像ではないので、周囲の様子は後方映像や目視により確認する必要はあるが、リヤカメラは、0.4~2mの高さで装着可能。セダン、SUV、ミニバンなど、幅広い車種に対応できるようになっている。ちなみに、コンパクトなリヤカメラの画角は水平140度、垂直100度と広角だ。リアカメラの装着可能な範囲を示す画像

 ギヤをリバース(Rレンジ)に入れると、モニターに後方とスカイトップビューの2画面の映像が映し出される。クルマを後退させるとスカイトップビューの画面には、周囲の様子が徐々に作り出されてゆき、自車の位置関係がわかりやすい。モニターに映し出されたスカイトップ映像

 とくに今回テストした左右にクルマがある駐車場では、自車を白線の中で真っ直ぐに止めることが必要で、駐車が苦手という方には非常に心強い情報を与えてくれるアイテムといえる。駐車が苦手という方にオススメのアイテム

 また、モニターのビュー表示では、スカイトップビューと後方映像を左右入れ替えることも可能。さらに後方映像のガイドラインは、表示・非表示の切り替えもできる。後方映像+スカイトップで表示される

 そして、モニターに映し出す自車のイラストを変更することもでき、3タイプが用意されている。表示するクルマのアイコンは3つから選ぶことが出来る

 取り付け方法は、通常のリヤ用カメラと同様にリヤナンバープレート付近に装着するだけ。1カメラなので取り付け工賃が安価で、既存カーナビ(要RCA入力端子)で映像を再生できるのもメリットのひとつだ。ただし、映像を造り上げるための、車両に合わせた設定が必要。専門ショップでの作業となるため、注意が必要だ。取り付けに必要な配線の画像

 駐車に自信がないというドライバーの不安に応える、『1カメラスカイトップビューSKY812』は今春発売予定で、価格は2万3980円(税込み)となっている。

【詳しくはこちら】
データーシステム
TEL086-445-1617
https://www.datasystem.co.jp/
1カメラスカイトップビューSKY812の詳細
https://www.datasystem.co.jp/products/dvr3400/index.html

画像ギャラリー