「名車」専用に開発された「贅沢エンジン」! 誰もが認めるニッポンの歴史的「名機」5選 (1/2ページ)

「名車」専用に開発された「贅沢エンジン」! 誰もが認めるニッポンの歴史的「名機」5選

名車に搭載された名エンジン

 クルマの開発コスト、生産コスト、販売価格を抑えるには、他車との流用パーツを増やすのが王道。しかし、一部のこだわり抜いたクルマには、その車種専用に開発されたエンジンが積まれることがある。今回は、そうした贅沢なエンジンをいくつか振り返ってみよう。

日産 RB26DETT

 1985年から日本でもグループAレースが始まり、日産もR30、R31スカイラインで参戦していたが、ボルボ240やBMW、ジャガー、フォード・シエラなど外車勢に完敗……。

【関連記事】超人気アニメ&映画でも大活躍! 名車「フィアット500」が今なお愛されるワケ

日産スカイラインRSを追いかけるBMW635のGr.A画像はこちら

 それらを打ち破り、ツーリングカー世界選手権を制するためには、強力無比なパワーユニットが不可欠。そのために新たに開発されたのが、第二世代のスカイラインGT-R(R32、R33、R34)の心臓部となった直列6気筒の名機、RB26DETTだった。スカイラインGT-R(R32)に搭載されたRB26型エンジン画像はこちら

 1986年当時、日産の直6エンジン「RBシリーズ」には、2リッターRB20/2.4リッターのRB24(中近東輸出用)/3リッターのRB30(中近東・豪州輸出用)という、3つの排気量バリエーションがあった。当初はR32GT-Rも、RB24ベースのFRとして開発がはじまった。日産スカイラインGT-R(R32)画像はこちら

 しかし、グループAには、排気量ごとに最低重量が決まるレギュレーションがあった。そのため、ターボ係数1.7をかけた排気量が、ギリギリ4.5リッターになるように、RB24をストロークアップし、2568ccのツインターボという仕様に行き着いた。結果、ライバルの3リッターターボ車の最低重量が1420kgに対し、 GT-Rの最低重量は1260kgとなり、160kgのアドバンテージを得ることになった。1990年代のGr.Aレースの様子画像はこちら

 このRB26DETTは、RBシリーズのエンジンの中でも別格で、ツインセラミックターボ、大型空冷インタークーラー、6連スロットル、ナトリウム封入エキゾーストバルブ、クーリングチャンネル付きピストン、etc.の新技術を投入。レース仕様では600馬力を想定していて、丈夫な鋳鉄ブロックのおかげで、チューニングすれば1000馬力以上のパワーに耐えられるタフネスさを誇った。R34GT-Rに搭載されたRB26DETTエンジン画像はこちら

 またピークパワーだけではなく、量産車ベースのレーシングエンジンにもかかわらず、4000~8000回転まで使える広いパワーバンドを持っていたことも、レースで活躍した要因だった。ちなみに上掲のようにR32、R33、R34のスカイラインGT-R専用エンジンだったが、ステージアのオーテックバージョン「260RS」には、RB26DETTが搭載されている。

スバル EG33

 1991年に登場した、アルシオーネSVXに搭載されたエンジンで、スバルの量産車エンジンでは最大の排気量を誇る水平対向6気筒のNAエンジンの「EG33」。ジウジアーロデザインの美しいエクステリアが印象的なグランツーリスモで、今でも人気がある一台。イタリアの名デザイナー「ジョルジェット・ジウジアーロ」が手掛けたスバルSVX画像はこちら

 EG33は、4気筒のEJシリーズがベースで、EJ22とボア×ストロークが共通。ボア96.9mm、ストローク75.0mmなので、かなりショートストローク型エンジン。ビッグボアのエンジンは、燃焼効率がいいとはいえず、燃費が悪いと評された。ただ、その頃のスバルには、4WDに搭載可能な多段ATがなく、燃費が悪いのはATが4速だったことも影響している。スバルSVXに搭載されたEG33型エンジン画像はこちら

 アルシオーネSVXは1997年まで生産され、総生産台数は5944台。2000年に登場したレガシィランカスター6にEZ36が搭載されて、スバルの水平対向6気筒が復活するが……。スバルSVXのコーナーリングの様子画像はこちら

画像ギャラリー