「脱輪」「アイドリング不安定」「道交法違反」! うかつに手を出すと危険なカスタマイズ4選 (2/2ページ)

バッテリー交換にはメモリーバックアップが必要

 新しめのクルマで要注意なのはバッテリー。昔は時計やオーディオの再設定くらいで済んだため、プロに頼むという発想がない人も多いはず。

【関連記事】左折時に死角なし! トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー用サイドカメラキット発売

最近のクルマは電子制御が入っているため、バッテリー交換時にはバックアップが必要画像はこちら しかし近年ではコンピューターや学習機能のメモリーが消え、警告灯が点いたりアイドリングが不安定になるなど、さまざまな不具合は発生しプロに任せるべき作業の筆頭といえる。ディーラーや専門店に持ち込めば復元できるにせよ、それなりの時間やお金が必要となるのは言うまでもない。最近のクルマは電子制御が入っているため、バッテリー交換時にはバックアップが必要画像はこちら

トルク管理のミスは走行不能になることも

 パーツを問わず気を付けたいのはトルク管理が必要な部分。その昔ハブベアリングの交換で「工賃がもったいないから」と、ハブナットをトルクレンチもないのに感覚だけで締め付けたビギナーがいた。結果は緩んだら大変という意識からか強く締めすぎて、わずか数日で焼き付いてしまいプロショップ行き。駆動系はとくに素人が手を出すときは注意が必要だ画像はこちら それ以外にもタイヤ交換でボルトが伸びたり折れたり、逆に締める力が弱すぎて走行中に外れてしまったなど、トルク管理のミスによるトラブルは枚挙にいとまがない。自分で本格的な作業をするかは別として、トルクレンチは持っておいて損はないはずだ。自分で本格的な作業をするかは別として、トルクレンチは持っておいて損はない画像はこちら サスペンションも交換だけならともかく、アライメントを正確に取るのは難易度が高い。計測&調整する場所は水平じゃなければいけないし、専用のツールや相応の知識がなければ手を出さないほうが無難だと思われる。

ドライブレコーダーの位置によっては保安基準を違反してしまう

 最後はドライブレコーダー。配線はさほど難しくないのでDIY向きと考えがちだが、じつは取り付け位置に厳格な基準が設けられている。簡潔に書けば『フロントガラスの上部から20%以内』か『ルームミラーの裏側』であり、かつ車検証のステッカーなどと重なっても保安基準に違反してしまう。ドライブレコーダーも貼り付ける位置によっては違反となるので注意が必要だ画像はこちら 車検に落ちたり二度手間にならないためにも、取り付け実績の豊富なお店に頼んだほうが安心だし、配線の処理や初期設定も確実にやってくれる。

画像ギャラリー