クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 新型BRZに早くも「tS」登場? 「STIパフォーマンスパーツ」装着車の詳細に迫る
CUSTOM
share:

新型BRZに早くも「tS」登場? 「STIパフォーマンスパーツ」装着車の詳細に迫る

投稿日:

TEXT: XaCAR編集部 大野田諭 PHOTO: 増田貴広、スバル

スーパーGT第2戦で初披露された「スバルBRZ STIパフォーマンスパーツ装着車」

 5月3、4日の日程で富士スピードウェイにて開催されている『2021 AUTOBACS SUPER GT Round2 たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』。ゴールデンウィーク真っ只中の開催ということもあり、普段であれば思う存分モータースポーツの雰囲気を楽しめるイベントなのだが、新型コロナウィルス感染拡大防止ということもあり、ソーシャルディスタンスを保った観戦が呼びかけられた。

 そんななか、イベント広場では自動車メーカーやパーツメーカーのブース出展が行われており、感染対策を施しつつも、スーパーGTを盛り上げていた。ひときわ目立っていたのがトヨタ自動車(GR)とスバルのブースである。初戦の岡山でも展示されていた新型GR86とBRZを並べるカタチで展示されていたのだ。

 そして、今回のトピックはSTIパフォーマンスパーツを装着したBRZが初披露されていたことである。ノーマルBRZとSTIパフォーマンスパーツを装着したクルマを比較することができる展示になっていたので、どういうパーツが装着されているのかじっくり見ていくこととしよう。

気になる「STIパフォーマンスパーツ」その内容は?

 まず目に付くのは、純正フロントバンパー下部に装着されたSTIフロントアンダースポイラーである。これは機能性とスポーティな外観を演出するパーツ。フロントリフトを抑えつつ、ボディまわり全体を整流化してくれるパーツである。

 サイドへ目をやると、フロントフェンダーガーニッシュの存在感が光る。もともと新型フロントフェンダーにはダクトが装備されており、タイヤハウスから空気を排出させる効果が得られているのだが、その流れをフロントフェンダーガーニッシュの装着で整えることができるようになっている。

 

 また、サイドのエンド部にはSTIサイドアンダースポイラーを装着している。ノーマルのサイドデザインが、エアロダイナミクスを考慮してデザインされているが、その効果をさらに高めることができるのがSTIサイドアンダースポイラーだ。STIリヤサイドアンダースポイラーも同時装着することで、フロントからサイド、リヤへの流れをキレイに完結することができる。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS