「肩落ち摩耗」「ひび割れ」で唖然! 夏タイヤの「健康診断」と損しない「賢い選び方」 (2/2ページ)

新品タイヤへ交換する場合どんな銘柄がオススメか?

 では、どんなタイヤを選んだらいいのでしょうか。基本は、そのまま純正タイヤであったものの新品に交換するか、同格のタイヤへの交換がお勧めです。もちろんグレードアップも推奨します。一見するとどれも黒くて丸いタイヤですが、想像するよりずっと大きな違いがあるのです。とくにプレミアム系のタイヤは、ブランドごとにキャラクター付けされていて、ライトチューンといってもいいくらいの変化も期待できます。

【関連記事】「ウェッズ」発! 実物を確認できる「ホイールレンタル」が開始

スポーツとコンフォートはクルマに合わせて選択画像はこちら ただしスポーツとコンフォートは対極にあるので、ソフトな足まわりのクルマにハイグリップタイヤをつけてしまうと、ロールが大きくなるだけで気持ちよく曲がらなくなってしまいます。逆にスポーツカーにコンフォートタイヤをつけると操縦性があいまいになったり、弾むような上下動があらわれ、逆に乗り心地が悪くなってしまうこともあります。

「転がり抵抗」「ウエット性能」も考慮したい

 タイヤを交換して案外効果が実感できるのがエコタイヤです。JATMA(日本タイヤ協会)が行っているタイヤラベリングで転がり抵抗A以上、できればAA以上のタイヤを選ぶと、明らかに走り出しが軽くスムースになります。転がり抵抗が少ないタイヤは転がり抵抗少ないということは、転がり抵抗が音や熱に変わりにくいということなので、じつは案外静かだし滑らかな乗り心地が得られたりします。転がり抵抗も考慮したいエコタイヤ画像はこちら

 梅雨の雨や夏の局地的な豪雨、夕立などを考えるとウエット性能も重視したい性能のひとつです。例に挙げたJATMAのタイヤラベリングは転がり抵抗だけではなく、ウエットグリップも同時に表示しています。ウエットグリップは出来ればbかaをお勧めしたいところです。

JATMAのタイヤラベリング

 ただし、これはあくまでもグリップの応力なので、これと同時に排水性の良さも重要になります。ポイントは溝の太さと溝の量。溝は例えるなら道路の側溝みたいなものなので、浅いとすぐにオーバーフローになり、ハイドロプレーニングを起こしてしまいます。コンフォート系のタイヤは溝が細めなものが多いので、突出した高速排水性は期待できませんが、溝が細いぶん深くしていたりするものもあります。排水性の良さは溝にある画像はこちら

乗り心地に関わる「速度記号」とは?

 もうひとつ。乗り心地の目安になるものがあります。それは速度記号なんです。タイヤの側面に「215/45R18 93W」といった具合にタイヤサイズが書かれていますがこの中の最後のローマ字「W」が速度記号になり、そのタイヤが保証する最高速度になります。ちなみに H=210km/h、V=240㎞/h、W=270㎞/h、Y=300㎞/h、(Y)=300㎞/h以上。速度レンジが高いタイヤのほうが高級でよさそうに思えますが、タイヤは高速で回転すると縦方向に膨張するんです。速度レンジの高いタイヤ程膨張せず整った形を保持できるように、きつくベルトと呼ばれる部材で締める必要が出てくるわけです。速度記号は乗り心地に関係する画像はこちら

 つまり高速向けタイヤほど乗り心地が硬くなる傾向があるんです。例えば例に挙げた215/45R18 93Wというタイヤの場合、同じサイズでも速度レンジYにすると乗り味はカチッとした傾向になります。もっとも速度レンジが乗り心地に影響するのはYや(Y)のタイヤです。タイヤサイズの内容画像はこちら

 タイヤとクルマのマッチングは多種多様なので、なかなか具体例をあげて説明するのは難しいのですが、とにかくタイヤを替えるとクルマの乗り味が想像する以上に変わります。タイヤは乗り心地を左右する画像はこちら タイヤは決して安い買い物ではないので、交換を先延ばしにしたくなってしまいますが、スタッドレスタイヤからサマータイヤへの交換時期をひとつのタイミングと考えて新しいタイヤを選んでみてはどうでしょう。きっと楽しい変化が感じ取れると思います。

画像ギャラリー