走り去る「丸テール」「直6サウンド」に一目惚れ! 「ワンオーナーのR32」を手に入れたアメリカ人が語る「GT-R」 愛 (1/2ページ)

走り去る「丸テール」「直6サウンド」に一目惚れ! 「ワンオーナーのR32」を手に入れたアメリカ人が語る「GT-R」 愛

サンフランシスコで幸せな日々を送るBNR32

 GT-Rオーナーであり写真家のアレキサンダー・キューレテム氏が母国ドイツだけでなく世界中を巡り、各国のGT-Rオーナーをファインダーに収めてきた。彼が自費出版した写真集「GT-RTHEJOURNEY」は、世界中のGT-Rオーナーの熱い思いが込められている。今回はアメリカ・サンフランシスコ在住、タイラー・ナルドーネさんについて紹介していきたい。

走り去る丸テールと独特のサウンドに魅了される

 サンフランシスコで生まれ育ったタイラーさん。GT-Rの存在を知ったのは、写真家アレックス氏同様、やはりゲームでのプレイからだったという。また、タイラーさんたちの世代にとって、やはり映画「ファスト&フュリアス(邦題ワイルドスピード)」の影響は小さくない。劇中で故ポール・ウォーカーの乗るR34GT-Rの存在感は、いまだに海外のGT-Rファンの数を大きく増やすことにつながっているようだ。自らもR34オーナーだったポール・ウォーカーにとっても喜ばしいことだったに違いない。

 その後、タイラーさんが実物のGT-Rに遭遇したのは2012年頃のこと。ベイエリア(サンフランシスコおよびその近郊)を走っていた時、ルームミラーに映るR32に気付いた。そのR32は彼を追い抜き、特徴的なテールランプを見せながら、RB26DETTエンジン独特のサウンドと共に走り去った。この出会いのシーンは彼にとって、今でもはっきりと思い出せるほどインパクトがあった瞬間だったようだ。

【関連記事】「豆腐屋のハチロク」を86後期で完コピ! 今ドキ女子が「86&BRZ」にどハマりした理由って何?

アメリカ・サンフランシスコに暮らすR32スカイラインGT-Rのリヤビュー画像はこちら

実際に手に入れてわかったGT-Rの「特別感」

 実際に自分のクルマとしてR32を入手したのは2018年。もともとダークブルー(TH1)を探していたそうだ。しかし、シルバー(KL0)のR32を販売しているテキサス州の輸入業者に巡り合い、最終的にそのシルバーのR32を自分のGT-Rとして手に入れることになったという。

 現在はこのR32とのカーライフを存分に楽しんでいるタイラーさん。愛車がどのように日本で過ごしていたのか知っているのだろうか?

「入手時、このR32のバックグラウンドについては何も知らなかったんだよ。でも最近になってカーVXというオンラインサービスを使って、少しだけ情報がわかったんだ。ワンオーナーカーで大事に乗られていたということ。そんなGT-Rが海を渡ってアメリカにやってきて、また新しく走行距離を刻んでいる。ボクも大切に乗らないといけないという気持ちにさせられるよ」

 日本では大切に乗られていたとはいえ、経年劣化もあるだろう。また、目的地までの走行距離、さらに気候も含めて、クルマを取り巻く環境が日本とアメリカでは大きく異なる。乗り始めてから、とくに問題はないのだろうか?

「オイルポンプが調子悪くなってしまい、結局エンジンを降ろしたんだ。ついでにヘッドも開けたりして、いろいろと手直ししてみたよ。幸いにも自分で全部できそうなことだったからね。実際に触って感じたのは、GT-Rはやっぱり特別なクルマなんだなってことだったよ」

サンフランシスコでメンテナンスされたR32スカイラインGT-RのRB26DETTエンジン画像はこちら

画像ギャラリー