予算100万円以下で買える! 乗り降りが「楽ちん」な中古「ミニバン」「プチバン」5選 (1/2ページ)

予算100万円以下で買える! 乗り降りが「楽ちん」な中古「ミニバン」「プチバン」5選

予算100万円でも高年式車が探せる!

 高齢の親がいてドライブが好きで、病院などへの送り迎えの機会も多いというなら、クルマはミニバンか、プチバンが最適だ。3つの要望に応えてくれるクルマを探すと値が張るのでは……と思うかもしれない。そこで、ここでは予算100万円!! で狙える乗り降り楽々なクルマを紹介したい。

日産セレナ

 まずは、2016年あたりの中古車が手に入る日産セレナだ。現行モデルの初期型(2016年~)がギリギリ狙え、さすがに人気のハイウェイスターではなく標準車が主だが、子育て世代にもウケている乗り降りのしやすさ、シートアレンジ性は文句なし。現行型の日産セレナも予算100万円内で選択できる1台

 スライドドア部分は、ステップ地上高390mm、そこからフロアへは70mmの段差があるものの、階段を2段上がる感じでスムースに乗り降りできるはず。Bピラーにはグリップもあるから安心だ。キャプテン、ベンチ自由自在の2列目席は、膝まわり空間、頭上方向ともにゆったり。Bピラーにはアシストグリップが付いているため、乗り降りがしやすい日産セレナ

 身長172cmの筆者のドライビングポジション背後では、膝まわりに360mm、頭上に280mmもの空間があり、頭を大きくかがめることなく自然な姿勢での乗降が可能。乗り心地、安定感もこのクラスのミニバンとしては上々である。

ホンダ・フリード

 もっとコンパクトなミニバンがいい……というなら、ホンダ・フリードだ。2016年に登場した現行型は予算オーバーの可能性大だが、初代最終型の2015~2016年モデルなら100万円の予算内。乗り降りが「楽ちん」な中古車

 両側スライドドア部分のステップ高は、同種のシエンタに比べやや高い390mmながら(シエンタは330mm)、高齢者でも無理なく乗り降りできる高さ。乗り降りが「楽ちん」な中古車

 スライドドアの開口部は幅660mm、高さ1120mmと、これまたシエンタより微妙に狭いものの、ヒンジ式ドアより乗り降りしやすいのは明白だ。探せば20142015年モデルのハイブリッドも予算内。できればハイブリッドモデルを、時間をかけてでも探すといい。燃費はもちろん、走りの滑らかさ、静かさでガソリン車を上回るからだ。乗り降りが「楽ちん」な中古車

画像ギャラリー