「おっさんセダン」と侮るなかれ! スポーツカー顔負けの戦闘力「カローラアクシオTRD」は何が凄かったのか

「おっさんセダン」と侮るなかれ! スポーツカー顔負けの戦闘力「カローラアクシオTRD」は何が凄かったのか

「GT」グレードを復活させた10代目カローラアクシオ

 カローラといえば、日本を代表するスタンダードカーの1台。一時期はユーザーの高齢化が叫ばれていたが、現行モデルとなる12代目はデザインも一新され、ユーザーの若返りに躍起になっている。

 そんなカローラではあるが、ひと昔前のモデルには「GT」というスポーツグレードが用意され、見た目こそ普通のカローラセダンでありながら、ツインカムのスポーツエンジンを搭載した“羊の皮を被った狼”的なグレードが用意されていたことを知るアラフォー世代以上も多いのではないだろうか。その栄光の「GT」グレードを復活させたのが、通算10代目となったカローラアクシオだったのだ。

【関連記事】TRDカラーも登場! 1/43スケール「トヨタ・アルテッツァ RS200 TRD」がインターアライドから発売

トヨタ・カローラアクシオTRDのリアビュー画像はこちら

 といっても通常のカタログモデルではなく、TRDが手掛けたコンプリートカーという扱いで、中間グレードの「1.5X」の5速MT車をベースにTRDがチューニングを施したモデルとなっていた。価格は235万2381円と決して安いとは言えないが、現行型のカローラセダン、1.2LターボのMTモデルが242万4400円であることを考えれば妥当な価格とも言えるかもしれない。

1.5Lエンジンにインタークーラーターボをドッキング

 このカローラアクシオGTの最大のトピックは、やはり何といってもエンジンだろう。ベース車が搭載する1NZ-FE型1.5Lエンジンになんとインタークーラーターボをドッキング。さらに専用のECUでハイオクガソリン仕様とすることで、110ps/14.3kg-mから150ps/20.0kg-mへと大幅なパワーアップがなされていたのだ。

【関連記事】TRDカラーも登場! 1/43スケール「トヨタ・アルテッツァ RS200 TRD」がインターアライドから発売

1.5リッターにターボを装着したトヨタ・カローラアクシオTRD画像はこちら

 大幅にアップした出力に対応するため、TRDスポルティーボサスペンションフルキットや15インチフロントブレーキ&195/55R16タイヤ&ホイール、強化クラッチカバーもプラス。精悍なエアロパーツをまとうことで一気にスポーツセダンへと変貌を遂げていた。トヨタ・カローラアクシオTRDのTRD Sportivoサスペンションセット画像はこちら

 さらにディーラーオプションとしてはスポーツブレーキパッド&シューやビルシュタインサスペンションフルセット、レカロ製バケットシート、ハイレスポンスマフラーなども用意していたのだから、その本気度が伝わってくることだろう。

トヨタ・カローラアクシオTRDのハイレスポンスマフラーVer.S画像はこちら

ワンメイクレースも開催されるほどの本気度!

 そして、その本気度を決定づける極めつけが、富士チャンピオンレースに2009年から設立された「カローラアクシオGTクラス」だ。これはカローラアクシオGTをベースに専用のエアロパーツやサスペンションを装備したN2準拠のワンメイクレースで、エンジンは180psまで高められていた。カローラワンメイクレース車両画像はこちら ただ、残念ながらカローラアクシオGTクラスは多くのエントラントを集めるまでには至らず、2013年度を最後に消滅してしまったが、これもカローラアクシオGTが存在したからこその功績と言えるだろう。

 そんなカローラアクシオGT、今から手に入れるとなると当然ながら中古車ということになるが、注意していただきたい点がひとつ。じつはこのモデルには「TRD Sportsセット」という、61万9500円引きとなるレスオプションが設定されていた。これを選ぶと専用ターボシステムとそれにまつわるアイテムがすべて非装着となってしまうのだ。トヨタ・カローラアクシオのTRD Sportsセット画像はこちら つまり、見た目はターボモデルと同じながら、エンジンはベース車のままという“狼の皮を被った羊”仕様が存在するのである。

 フロントグリルに備わるエンブレムがターボモデルは「TRD turbo」、NAモデルは「TRD Sportivo」という違いがあるが、一番確実なのはエンジンルームをチェックすることだろう。

画像ギャラリー