アウトドアにピッタリだけど! 二兎を追い過ぎちゃった「無理やりピックアップ」3選 (1/2ページ)

アウトドアにピッタリだけど! 二兎を追い過ぎちゃった「無理やりピックアップ」3選

ちょっと無理しすぎなピックアップトラック

 クルマは個性を主張するツールでもあるから、ありふれた選択を避けたいと思うのは世の常である。あるいは、人と違う個性をアピールするためにカスタムするのもまた、クルマ好きにとっての常套手段だ。それでも選択や手法が他人とかぶるのを避けるのは難しい。ならばいっそのこと振り切って「個性的」を飛び越し、破天荒とさえ思わせる選択はいかがだろう。そこで、ラゲッジを荷台にリフォームした「ちょっと無理やりピックアップトラック」をクローズアップしてみた。

【ダイハツ・ハイゼットデッキバン】バン+荷台

 軽トラでもなく、軽バンでもない。現在、新車で買える選択が「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」だ。ハイゼットバンのCピラーから後ろの車体上部を大胆に取っ払い、荷室部分をデッキスペース化した4人乗りの軽商用車だ。肝心の荷台は長さ850mm、幅が1360mm、高さは590mmに設定され、最大積載量は250kg。プロが使うにはやや小さめの荷台だが、趣味の道具としては十分に使えるはず。

【関連記事】ロータスを復活させた「エリーゼ」のシャシーは68キロ! 軽さこそ正義の「Mk1」はスパルタン過ぎました

ダイハツ・ハイゼットデッキバン画像はこちら
 今どきは軽自動車クラスにもハスラーやタフトといったアクティブユースを想定した車種がラインアップされるが、それらよりも遥かに個性的であることは言うまでもない。趣味特化型なので快適性には目をつぶる必要があるものの、趣味の世界がグーンと広がるのは必至だ。カスタムベースとしても面白い素材になるだろう。車両価格は130万9000円〜164万7800円で、全車にスマートアシストIIIが装着される。ダイハツ・ハイゼットデッキバン画像はこちら

【トヨタbBオープンデッキ】コンパクトカー+荷台

 変わり種が揃う「ちょっと無理やりピックアップトラック」のなかでも、さらに尖った車種がご所望ならば「トヨタ・bBオープンデッキ」は格好の選択だ。bBオープンデッキは、初代bBの1グレードとして2001年に追加された。ちょっと無理矢理ピックアップトラックにしクルマ画像はこちら
 「ゆるキャン△」効果で一大キャンプブームが巻き起こっている今なら、アウトドドアライフの相棒として有力な候補になるかもしれない。しかし当時はユニークなコンセプトが注目こそ集めたものの販売は低迷し、登場から2年ももたずに生産終了となってしまった。とはいえ、アクの強いスタイルは生産終了から20年を経た今でもまるで色褪せず、むしろ販売不振だったことが転じてレアキャラとなり、中古車市場における相場は年式のわりに高値となっている。アウトレジャーでのベースキャンプにするもよし、車高を下げたり上げたりするもよし。遊び人の遊び心を満足させる1台と言える。ちょっと無理矢理ピックアップトラックにしクルマ画像はこちら