クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!
ワークスチーム
share:

これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

投稿日:

TEXT: GT-Rマガジン編集部 PHOTO: 小林 健

GT-Rのさらなる「深化」! 開発陣の想いとは

 去る4月14日、突如R35GT-R NISMO 2022年モデルがお披露目された。まだ正式発表ではなく、あくまでも先行公開だった。しかし、そこに開発陣の「GT-Rの深化」に対する飽くなき挑戦が垣間見えたのである。

日産R35 GT-R NISMO スペシャルエディションと田村宏志氏

挑戦的スタイルは進化への飽くなき欲求の証

 コロナ禍でさまざまなイベントが制限されているなか、4月上旬に日産自動車から「GT-R NISMO 2022年モデル」(以下、MY22) の発表会の案内が届いた。基本はオンラインによるイベントで、限られたメディアのみコロナ対策が施された会場内に入ることを許された。

 4月14日正午ちょうどのリモート動画配信開始と同時にアンベールされたGT-R NISMO MY22は、姿形こそ変わらないものの、意表を突くブルーグレーのソリッドカラーとカーボン剥き出しのボンネットフードという「挑戦的」なスタイルを纏っていた。

NISSAN R35GT-R 2022年モデルのフロントアップ

 壇上でプレゼンテーションを行ったR35統括責任者の田村宏志氏は「いつもわたしが言い続けてきた『究極のドライビングプレジャーの追求』。この『追求』という言葉がミソで、終わりなき深化、ずっと続けるという行為。そういう日産自動車の気持ちを伝えていきたい」と冒頭に語った。

 今回のイベントはあくまで先行公開であり、具体的な価格やスペックなどは今夏(8月)に予定されている正式発表までお預けとのこと。ち ょっと肩透かしをくらった感はあるが、R35の深化にまだ「次の一手」 が存在していたという事実が明らかになった。ファンにとってはそれだけでも喜ばしいことではないか。

追加されたスペシャルエディションの詳細

 今回の先行公開では、従来のGT-Rニスモに加え「スペシャルエディション」という特別仕様車が設定されることがアナウンスされた。それこそ、今回お披露目された車両そのものである。標準のGT-R NISMOと異なる点は次のとおり。 

NISSAN R35GT-R 2022年モデルスペシャルエディションに搭載のVR38DETT

1.専用色の「ニスモ・ステルスグレー」を設定(従来の純正色も選択可)。 

2.クリア塗装仕上げのカーボン製エンジンフードを採用。 

3.レイズ製アルミホイールにレッドリム加飾を追加。 

4.ピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどに高精度重量バランスエンジン部品を採用。 

5.エンジン前部に貼り付けられる「匠」のネームプレートを赤に変更。 

 また、公式アナウンスはなかったが、標準となるダンロップ製タイヤを注視すると、サイドウォールのロゴデザインが変更されていることがわかる。パターンも含めてアップデートされている可能性も考えられる。

NISSAN R35GT-R 2022年モデルのタイヤ部アップ

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS