稀少なピックアップトラックがモデル化! トヨタ・ランドクルーザー40が1/18スケールになって登場【京商】

稀少なピックアップトラックがモデル化! トヨタ・ランドクルーザー40が1/18スケールになって登場【京商】

細部のディテールにまでこだわった1台

 ラジコンからミニカーまで手がけている模型メーカーの京商。同社のオリジナルダイキャストモデルから1/18スケール「トヨタ ランドクルーザー 40」が7月31日に発売された。早速紹介をしていこう。

 まもなく300系が登場するランドクルーザー。歴代モデルの中でも人気なのが1960年8月にデビューした3代目の通称40系(ヨンマル)だ。24年にも渡り発売されていたロングセラーモデルで、初代や2代目の面影を残しつつ、信頼性の高いクロカンヨンク(クロスカントリー4WD)として海外からも高い評価を得ている。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40 京商では1982年式のHJ47を1/18スケールで再現している。ボディカラーはルーフのみホワイトを採用したツートンを採用。フロントグリルやサイドのエンブレムはもちろんのこと、給油口に“軽油”のステッカーもさりげなく配置されている。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40 またボンネット、左右のドアは開閉機構を持ち合わせている。とくにエンジンルームには細部まで拘りが感じられる。例えば細かいところでいうと、バッテリーのターミナルやボンネットステーをメッキで表現しているのだ。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40 インパネを覗き込むと、助手席のグローブボックスのメクラ板にはトランスファーの使い方ステッカーまで再現している。通常、黒一色で塗りつぶされるところだが、きちんと再現しているのはさすがの京商といえる。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40

 リヤに目を移すと、あおり部分にあるTOYOTAのロゴも去ることながらディーゼルや4×4ステッカーなど実車をしっかりトレース。ナンバープレートの位置やスペアタイヤがチラリと見えるのもニクい。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40

 なお、荷台のあおり部分も開閉機構付きとなっている。「実車は当時、荷台に何を積んで出かけていたのかな」と空想を膨らませるのも楽しいのではないだろうか。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40

 注目すべき点は表向きのディテールだけではない。ボディを傾けると、ラダーフレームの形状やリーフ式サスペンション、デフ、ドライブシャフトといった駆動系パーツの再現度も高い。京商製1/18スケールのトヨタ ランドクルーザー 40

 ボディカラーはベージュとレッドの2種類がラインアップされる。価格は2万5300円(税込)。全国の模型店およびインターネットで購入することが可能だ。

【詳しくはこちら】

◆ベージュ
https://dc.kyosho.com/ja/ks08958be.html

◆レッド
https://dc.kyosho.com/ja/ks08958r.html

【お問い合わせ先】
京商株式会社 お客様相談室
◆tel. 046-229-4115
※13:00~18:00(月曜~金曜日、祝祭日を除く)

画像ギャラリー