独特の「ドコドコ」音がこっそり復活? スバル車に「ボクサーサウンド」が出ていた理由とは (2/2ページ)

noteで書く

アフターパーツのマフラー交換でノスタルジックサウンドも

 そんななか、スバルファンの間がざわついたのが、2020年に登場した2代目レヴォーグだ。搭載されるCB18エンジンは、完全新設計で環境にも配慮しつつ1.8Lで300N・mという強大なトルクを発生させる直噴ターボエンジンだが、注目はエキゾーストが不等長となっているところ。

【関連記事】超極悪燃費のリッター750mってマジか! ランボルギーニの元祖市販SUV「LM002」

2代目レヴォーグ画像はこちら

 従来はエンジンから4本出ていた排気をひとつにまとめるエキゾーストマニホールドだったが、CB18エンジンは、なんとエンジン内部で2本の排気をひとつにまとめ、エキゾーストマニホールドは4気筒でありながら2本を1本にまとめるだけの形状となっている。これはターボチャージャーまでの排気経路を最短とすることでタービンの効率をあげようというのが目的だ。2代目レヴォーグのCB18エンジン画像はこちら とはいえノーマルの状態ではあの独特な音は聞こえてこない。しかし、続々とリリースされるアフターパーツのマフラーへ交換すると、不等長サウンドが聞けるものも存在する。STiのレヴォーグパフォーマンスマフラー画像はこちら  当時の音とは若干異なるものの、90年代のスバル車を良く知る人にとっては懐かしいビートを奏でる新型レヴォーグに親近感すら覚える。アフターパーツメーカーによって、あの「ドコドコ音」を強調するものから、極力抑えるものまで音質や音量以外の違いがあるのも興味深い。現行型フォレスターSPORTもHKSマフラーで「ボコボコ音」が味わえる画像はこちら ちなみに新型レヴォーグと同じCB18エンジンを搭載する現行型フォレスターSPORTも、同じように不等長となっている。今再び復活したあのサウンド。スポーツマフラーで強調された音を街なかで耳にする日も間近だ。

noteで書く

画像ギャラリー