独特の「ドコドコ」音がこっそり復活? スバル車に「ボクサーサウンド」が出ていた理由とは (1/2ページ)

noteで書く
独特の「ドコドコ」音がこっそり復活? スバル車に「ボクサーサウンド」が出ていた理由とは

この記事をまとめると

  • スバルとポルシェが採用する水平対向エンジン
  • マフラー交換車はドコドコと独特なサウンドを発した
  • 最近では進化して以前ほどのドコドコ音にならない

スバル車独特だったサウンドの秘密

 90年代後半から2000年代前半までのスバル車は、「ドコドコ~」という独特の排気音を奏でるのが特徴的だった。人によってはドロドロ~やボロボロ~と表現は異なるが、スバルならではのサウンドとして、クルマ好きの人なら耳にした記憶もあるのではないだろうか。

【関連記事】超極悪燃費のリッター750mってマジか! ランボルギーニの元祖市販SUV「LM002」

スバルの水平対向エンジン第一世代画像はこちら

 一般的なクルマの排気音と比べ、その独特なサウンドは好みの分かれる音ではあったが、当時のスバル車を象徴する音といえる。なぜ、スバルだけがこの独特なサウンドを奏でていたのか? それは搭載している水平対向エンジンに秘密があったのだということを、振り返ってみよう。

水平対向エンジンの排気管不等長による味わいの音

 シリンダーから排出される排気ガスは、エキゾーストマニホールドと呼ばれる排気管で4気筒なら4本、6気筒なら6本を1本にまとめ、触媒やマフラーへと接続される。だが、各シリンダーから1本にまとめる部分までの長さが異なる場合、集合部分で排気ガスがぶつかり合う。このぶつかり合ったときの音があのドコドコ音というわけだ。

【関連記事】超極悪燃費のリッター750mってマジか! ランボルギーニの元祖市販SUV「LM002」

1994年SUBARUインプレッサWRX STi仕様画像はこちら 排気干渉と呼ばれるこの独特なサウンドは、スバルならではの音というより、水平対向エンジン搭載車の音ともいえるのだ。実際、初代フォルクスワーゲン・ビートルなどスバル車以外でもこうした排気音を聴くことができる。

 スバル車では2003年に登場した4代目レガシィ(BP/BL型)から、排気効率向上を目的に等長等爆エキゾーストと呼ばれる排気系へ一新したことが有名である。だが、じつは1966年に登場したスバル初の市販小型乗用車「スバル1000」も等長エキゾーストとなっていたことは意外と知られていない。2003年に登場した4代目レガシィ画像はこちら  スバル1000は当時の最新技術を徹底的に取り入れ、コストもかけて作られていた。しかし、量産車では車両価格に直接跳ね返る製造コストは極力抑えねばならず、スバル1000の排気量を拡大したマイナーチェンジモデル「スバル1300」では、コスト削減に加え、迫る排ガス規制への対応などにより不等長エキゾーストを採用した。等長エキゾースト 画像はこちら

 そのあろは1部のNAエンジン車に等長エキゾーストが採用されたが、スバル1000登場から37年後に発売した4代目レガシィではスバル渾身のモデルとしてターボモデルもエキゾーストも一新したことで、独特のサウンドが聞かれなくなった。もちろん不等長ならではのあの音こそがボクサーサウンドだ! と惜しむ声も多かった一方で、排気音の音質までもこだわって調律したと言われる4代目レガシィの排気音は、直列エンジンとはまた異なる新世代のボクサーサウンドといえる。

“ピストンパンチ”を右左へ繰り出す“ボクサーサウンド”

 4代目レガシィ登場後は3代目インプレッサWRX STiなど、少しずつだがスバルのラインアップが等長エキゾーストへと変わっていった。ちなみに不等長の排気音=ボクサーサウンドという人も多いが、水平対向エンジンの排気音=ボクサーサウンドであり、等長、不等長問わず“ボクサーサウンド”なのである。等長エキゾーストでもボクサーサウンドである画像はこちら

 スバル1300からレオーネを経て親しまれてきた不等長のボクサーサウンドはターボエンジン搭載車を中心に3代目レガシィ(BE/BH型)やGD/GG型と呼ばれる2代目インプレッサ(STiは丸目と呼ばれる2002年10月までのモデル)、3代目フォレスター(SH型)、2.5Lターボエンジンを搭載するWRX STI A-Line などで聞かれ、2015年まで販売されていたエクシーガのターボモデルを最後にいったん消滅した。ドコドコ音のある2代目インプレッサ画像はこちら

 不等長サウンドを好むユーザーはいまでもこれらのモデルを積極的にチョイスする人も多く、根強い人気を誇る。しかし、前述のとおり、この音が苦手……というユーザーも一定数存在することである意味排気音の好みとしてはバランスが取れている印象だ。ちなみに2代目から5代目までの歴代レガシィを経て初代レヴォーグを所有する筆者は、「どちらのボクサーサウンドも魅力的」と感じる。

noteで書く

画像ギャラリー