クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 今「背がちょい低め」がジワジワきてる! ちょうどいい新旧「スライドドア」軽3台+1
CLASSIC
share:

今「背がちょい低め」がジワジワきてる! ちょうどいい新旧「スライドドア」軽3台+1

投稿日:

TEXT: 西川昇吾 PHOTO: ホンダ/三菱/スズキ/Auto Messe Web編集部

「セミトールワゴン+スライドドア」が今ブームの兆し?

 近年の軽自動車のトレンドと言えばスライドドアを装備したトールワゴン系です。しかし、先日スズキから販売された新型モデル「ワゴンRスマイル」はスライドドアを備えつつも、全高1695mmというちょっと低めの高さが話題となりました。低めのスライドドア軽と聞くと新しいコンセントを持ったモデルと感じますが、実は低めのスライドドア軽は他にもあるのです。今回はそんなスライドドア軽をピックアップしてご紹介。

ダイハツ・ムーヴキャンバス

 1993年に登場したワゴンRに対抗するような形で、1995年にダイハツの軽トールワゴンとしてムーヴはデビュー。以降ワゴンRと同じように、ダイハツ軽自動車の看板モデルとしてラインアップされ続けています。しかし、派生の車種名を用いたスライドドアモデルはダイハツの方が先に登場させました。それが2016年に登場したムーヴキャンバスです。 女性をターゲットに企画されたムーヴキャンバスは、丸みを帯びたデザインにキュートなツートーンカラーが用意され、可愛らしい見た目となっているのが大きな個性と言えます。

 また、充実した収納スペースや運転支援システムが用意され、多くの人が使いやすいモデルとなっています。全高1700mm以下の軽自動車では初めて両側スライドドアを採用したモデルでもあり、近年流行となりつつある「少し背が低めの両側スライドドア軽」というジャンルを開拓したモデルなのです。

 かつてスズキがワゴンRで作った軽トールワゴンというトレンドに影響を受けムーヴを作ったダイハツ。20年の時を経てムーヴという名を冠したモデルで作ったトレンドに影響を受けるスズキという、因縁の関係とも見て取れます。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS