シエンタの内装の特徴は? 収納力・デザイン性・安全装備について (1/2ページ)

シエンタの内装の特徴は? 収納力・デザイン性・安全装備について

この記事をまとめると

■コンパクトなボディに2列仕様と3列仕様がラインアップ
■各種収納スペースも充実
■安全装備も抜かりなし

極めてコンパクトなミニバン&ワゴン

 コンパクトなボディサイズでありながら、広い室内と多彩な使い勝手を有するトヨタのシエンタ。3列シート車と2列シート車を設定し幅広いユーザー層に応えるモデルです。そんなシエンタの内装について、グレードごとの違いや機能、安全装備などを紹介しましょう。

目次

■シエンタの内装の特徴は?

 ボディは全長4.3m弱ながら、3列シートを備え7人乗り(4WDモデルは6人乗り)を達成する世界最小クラスのミニバンといえます。一方、あえて2列シート5人乗りのグレードも設定。こちらは広大な荷室スペースを確保し、ハイトワゴンのように使えます。

【関連記事】次期GT-Rへの布石か? 量産EVの先駆け「リーフ」がスポーティな「ニスモ」と「オーテック」をあえて用意する理由とは

7人乗りイメージ画像はこちら

 3列シート車のサードシートは5対5の分割式を採用し、前に倒すことで畳むことが可能。また3列シート車のセカンドシートも5対5の分割式を採用しています。背もたれを前に倒し、そこからさらにシート全体を前方へ倒せる「タンブル機能」を備えているので、こちらも簡単に荷室を拡大することができます。

シートアレンジ画像はこちら

 2列シート車のセカンドシートは6対4の分割式。こちらはタンブル式ではなく、背もたれを前に倒すと座面ごと前方に沈み込む「チルトダウン機能」を採用しました。背もたれを前に倒すだけでフラットかつ広大な荷室を作り出せます。

 ダッシュボードはブラックを基調にオレンジのラインやアクセントが特徴です。インパネシフトを採用しているので、運転席や助手席から前席の間を通って後席に移動できるウォークスルーを可能にしています。

ダッシュボードイメージ画像はこちら

■シエンタのグレードごとの内装

1)G Cuero/FUNBASE G Cuero

 最上級グレードらしく、高級感を漂わせる仕上がり。インパネでは、3本スポークのステアリングホイールが本革巻きとなり、これはシフトノブも同様です。

G Cueroのインパネ画像はこちら

 シートはブラックの合成皮革とスエード調のコンビシートを採用し、ダブルステッチのアクセントが入ります。スエード調の部分はダークブラウンとなっており、高級感を高めかつスポーティな印象に。フロントドアトリムとフロントドアアームレストは、上級ファブリックを採用。内装色はトリム&シートともにブラックのみですが、随所にダークブラウンがあしらわれています。ほかのグレードとは一線を画す高級感が漂うインテリアといえるでしょう。

G Cueroのインパネ画像はこちら

2)G/FUNBASE G

 G Cueroと同様にインパネにはオレンジのラインやアクセントがあしらわれます。ステアリングホイールとシフトノブもG Cueroと同様に本革巻きを装備。

Gインパネ画像はこちら

 シートやトリム類のカラーはブラックを採用し、素材も上級ファブリックとなります。黒一色ではなく、シートやトリムにグレーが配色されるのもポイント。また3列シートを採用するGには、トリムカラーにアロマージュ、シートカラーにダークブラウンを採用するモデルも用意されています。クリーム色に近いアロマージュは、室内を非常に明るい印象にします。

3)X/FUNBASE X

 ステアリングホイールやシフトノブは、革巻きではなくウレタン製。ハイブリッドモデルは上級車と変わらない専用メーター&マルチインフォメーションディスプレイが備わりますが、ガソリン車はアナログメーターとなります。また、運転席のアームレストも装備されません。

 シートやトリム類はブラック。しかしG/FUNBASE Gのようにグレーがあしらわれず、ブラックのみとなります。また3列シート7人乗りのXでは、シート&トリム類に明るいクリーム色のフロマージュを選ぶことも可能。シートカラーにフロマージュが選べるのはこのモデルだけです。

■シエンタの座席周りの収納力は?

 各シートの周辺に数多くの小物入れや小物置き場を用意。カップホルダーやボトルホルダーは、3列シート車なら8カ所も設置されています。

1)助手席アッパーボックス

助手席前方に小物が収納できるフタ付ボックスを設置

助手席アッパーボックス画像はこちら

2)助手席オープントレイ

アッパーボックスの下に小物が置けるトレイ

助手席オープントレイ画像はこちら

3)助手席グローブボックス

さらに下方には大容量で車検証などを入れておけるグローブボックスを設置

助手席グローブボックス画像はこちら

4)コンソールサイドポケット(助手席側)

センターコンソールの助手席側にある小物入れ

助手席サイドポット画像はこちら

5)回転式買い物フック

紙袋などを引っかけておける回転式フック

回転式買い物フック画像はこちら

6)助手席カップホルダー

助手席オープントレイの左側にカップホルダー

助手席カップホルダー画像はこちら

7)運転席カップホルダー

ステアリングホイールの右側に運転席用のカップホルダー

運転席カップホルダー画像はこちら

8)フロントドアポケット&ボトルホルダー(両側)

運転席側&助手席側ともに、フロントドアの内側下方にポケットを用意し、その前方にペットボトルなどが置けるボトルホルダーを用意

フロントドアポケット画像はこちら

9)フロントドアプルハンドルポケット(両側)

フロントドア内側のアームレストにもスマートフォンアドが置けるスペースがある

フロントドアプルハンドルポケット画像はこちら

10)スライドドアポケット&ボトルホルダー(両側)

両側のスライドドア内側にポケット、その前方にボトルホルダーを設置

スライドドアポケット画像はこちら

11)助手席シートバックポケット

助手席シートの背もたれ裏にポケットを用意(X/FUNBASE Xを除く)

助手席シートバックポケット画像はこちら

12)デッキサイドトリムポケット(両側)

サードシートの横にポケットを用意(2列シート車を除く)

デッキサイドドアポケット画像はこちら

13)デッキサイドボトルホルダー&スマホホルダー(両側)

サードシートの横に、スマートフォンを置くのにぴったりなポケットと、その前方にカップホルダーを用意

デッキサイドボトルホルダー画像はこちら

14)マルチユーストレイ

セカンドシート中央部に小物入れスペースを設置(4WDモデルのみ)

マルチユーストレイ画像はこちら

■シエンタの荷室のサイズと収納力

 3列シート車と2列シート車では荷室の使い勝手が大きく異なります。

●3列シート車(G Cuero/G/X)

3列シートイメージ画像はこちら

・荷室のサイズは2列目&3列目をたたんだ状態(最大)で、荷室長1430mm×荷室幅1260mm×荷室高1085mm。
・3列目シートを使用した状態では荷室はあまり広くありません。3列目シートは5対5で分割されており、背もたれを前に倒すだけで荷室を拡大することができます。片側だけをたたむことも可能。
・2列目シートも5対5の分割式で、左右独立して畳むことができます。背もたれを倒したら座面ごとさらに前に倒すタンブル方式を採用しています。2列目&3列目シートを畳むことで、1.4mを超える長尺物も積載可能に。荷室高もたっぷりあるのでマウンテンバイクなども積載することができます。

●2列シート車(FUNBASE系)

Gシート画像はこちら

・荷室のサイズは2列目シートを畳んだ状態(最大)で、荷室長2065mm×荷室幅1260mm×荷室高1070mm。
・2列目シートを畳んだときに、フラットにできる左右分割のデッキボードを備え、裏返してフラットにした場合の荷室高は985mm。
・荷室フロア下に大型デッキアンダートレイが備わり、濡れた物や汚れた物を収納しておくのに重宝します。
・2列目シートのたたみ方は3列シート車と異なり、背もたれを前に倒すだけで座面クッションも沈み込んでいくチルトダウン格納を採用。2列目シートを格納すれば26インチのマウンテンバイクなども余裕で積載できるほか、車中泊などアクティブなシーンでも活躍してくれます。
・荷室のデッキサイド両側には、左右9個ずつのユーティリティホールを装備。販売店オプションのユーティリティフックやシステムバーを組み合わせることで、極めて幅広い使い方に対応します。

画像ギャラリー