シエンタの内装の特徴は? 収納力・デザイン性・安全装備について (2/2ページ)

目次

■シエンタの安全性能について

 近年、自動車の安全性能は飛躍的に向上しました。どうしても避けられないドライバーのミスや危機的状況に陥っても、未然に事故を防いでくれるクルマが増えています。もちろん、シエンタにもそんな安全装備が備わっています。

●Toyota Safety Sense

 レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、昼間の歩行者まで認識し衝突を回避する安全装備が搭載されています。G Cuero/G、FUNBASE G Cuero/Gには標準装備されますが、X系のグレードではメーカーオプションの設定です。

・プリクラッシュセーフティ

 前方の車両や歩行者(昼間)をレーザーレーダーとカメラで認識し、近づき過ぎると警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の危険があると警告。ブレーキを踏めばブレーキアシストが作動します。ブレーキを踏まなかった場合には、自動ブレーキを作動させ衝突を回避します。自動ブレーキは対車両の場合、自車速度が10〜80km/hで作動、対歩行者(昼間)の場合は、10〜60km/hで作動します。

【関連記事】「シルビア」&「プリメーラ」にも搭載! 日産が誇る名機「SR20」の歴史を振り返る

プリクラッシュセーフティ画像はこちら

・レーンディパーチャーアラート

 道路の白線や黄線を認識し、走行中の車線から逸脱しそうになると、警報ブザーとディスプレイ表示により注意喚起します。

レーンディパーチャー画像はこちら

・オートマチックハイビーム

 先行車や対向車のライトを認識し、ヘッドライトのハイビーム/ロービームを自動で切り替えます。

オートマチックハイビーム画像はこちら

・先行車発進告知機能

 信号などで停止した場合、先行車が発進しても停止したままでいると、ブザーとディスプレイ表示で発進を促します。

先行車発進画像はこちら

●Toyota Safety Sense以外の安全性能

 シエンタにはほかにも数々の安全装備が用意されています。

・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)] 
(G Cuero系に標準装備。他はメーカーオプション)

 車庫入れなどで障害物にぶつかりそうになると表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に加え、15km/h以下の低速走行時、前方に障害物を認識すると出力を抑え、最終的には自動ブレーキが作動します。アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる衝突を軽減する装備です。

・ドライブスタートコントロール(全車に標準装備)

 慌ててアクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」に変更しても、表示で注意を促しつつ出力を抑え急発進を防ぎます。

ドライブスタートコントロール画像はこちら

・パノラミックビューモニター(全車に販売店オプションで設定)

 クルマを真上から見たかのような映像をモニターに映し出し、目視だけでは把握できないクルマの周辺情報を把握できます。駐車や交差点などで安全をサポートします。

■記事まとめ

 全長4.3m弱とコンパクトながら3列シートで7人乗りを達成したトヨタ・シエンタ。「3列シート車が良いけど、大型のミニバンはちょっと……」というユーザーには貴重なクルマといえます。2列シート車はコンパクトで広大な荷室を備えるワゴンであり、通勤や買い物などからアウトドア派まで幅広い用途に応えてくれます。

画像ギャラリー