トヨタのスポーツエンジンは「4AG」だけじゃない! 伝説の名機「3S-G」を振り返る (1/2ページ)

トヨタのスポーツエンジンは「4AG」だけじゃない! 伝説の名機「3S-G」を振り返る

この記事をまとめると

  • トヨタがかつて生産していたスポーツエンジン「3S-G」
  •  FFから4WD、MR、FRまであらゆるモデルに搭載された
  • レースではグラスルーツからトップカテゴリーまで網羅した

ヤマハと共同開発したスポーツエンジン

 トヨタ製の腰下ブロックをベースとし、ヤマハと共同開発したDOHCヘッドを採用した3S-GEエンジンは、1984年に2L4気筒のスポーツエンジンとして登場。3S-GE

 ボア×ストローク=86mm×86mmというスクエアストロークのこのエンジンは、スポーツエンジンながら中低速トルクも犠牲にしていない基本設計で登場しました。最初に搭載されたのはマイナーチェンジをした2代目カムリと2代目ビスタ。ビスタ

 最高出力は当時の2L自然吸気エンジンとしては高性能な160psを発生していました。カムリ

 1986年にはターボ仕様の3S-GTEが誕生。登場当時185psを誇ったこのエンジンは、トヨタ初の4WDスポーツであるセリカGT-FOURに搭載されました。以降NA仕様の3S-GE、ターボ仕様の3S-GTE共々トヨタの多くのスポーツモデルたちに搭載されていきました。まずはそんなスポーツモデルをいくつかピックアップして振り返ってみましょう。

セリカ(4〜6代目):4WDに初搭載

 まず3Sが搭載されたスポーツモデルで忘れてはいけないのが、4代目から6代目のセリカです。FF系グレードにはNA仕様の3S-GEが、4WDスポーツグレードであるGT-FOURにはターボ仕様の3S-GTEが搭載されていました。セリカGT-FOUR

 3S-GTEと4WDというパッケージを採用したGT-FOURはWRCの世界で大活躍。1993年には6連覇を成し遂げていたランチアを抑え、日本車初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得しました。2Lハイパワー4駆と言えばスバル・インプレッサWRXと三菱ランサーエボリューションのイメージですが、当時のWRCへの王道のパッケージを開拓したのは、セリカGT-FOURであるのは言うまでもありません。セリカGT-FOUR

MR2(2代目):搭載車のなかでもっともスポーティ

 1989年に登場した2代目MR2。ミッドシップというスポーティなパッケージを採用していたこのモデルは、3S-GEと3S-GTEのスポーツエンジンのみというラインアップでした。MR2

 最終的に245psを発生したターボエンジンの3S-GTEを搭載したグレードは、ジムカーナに最適なパッケージとされており、当時はもちろん現在でもジムカーナで参戦車両として見かけることが多いモデルです。3S-GTE

 3S-GEを搭載したNAグレードも登場当初の165psから180psへと進化し、最後のマイナーチェンジで吸気側に可変バルブタイミング機構が備わったことで200psまでパワーアップしました。3Sエンジンを搭載したモデルは多くありましたが、そのなかでも2シーターミッドシップというパッケージを採用したMR2は、もっともスポーティなモデルでした。

画像ギャラリー