「タンゴ」に「ボレロ」「ポルカ」♪ やけに陽気な「マーチ」の派生車種 (1/2ページ)

「タンゴ」に「ボレロ」「ポルカ」♪ やけに陽気な「マーチ」の派生車種

この記事をまとめると

  • 日産のかつてのエントリーコンパクト「2代目マーチ」
  • 長いモデルライフの中で数多くの派生車種が登場
  • なかには超個性的なコンプリートカーも!?

意外と派生車種が多かった日産2代目マーチ

「マッチのマーチ」で知られた初代から一転して、丸みを帯びた親しみやすいエクステリアデザインとなった2代目マーチ。モデルライフは約10年と長期に渡り販売されていたモデルですが、ロングセラーモデルだけに多くの派生車種が誕生しました。今回はそんな2代目マーチの派生車種をピックアップして振り返っていきたいと思います。

【関連記事】「シティカブリオレ」に「サイノス・コンバーチブル」! 懐かしの国産「庶民派オープンカー」を振り返る

そもそもマーチとは

 2代目マーチは1992年に登場しました。先代モデルから全長を40mm小さくしながらも、室内長を60mm拡大し、スペースの効率化を実現したパッケージで、運転のしやすさと利便性に優れたモデルでした。また、ヨーロッパ市場を意識したモデルでもあり、走りも犠牲にしていなかったのも特徴的。

【関連記事】「シティカブリオレ」に「サイノス・コンバーチブル」! 懐かしの国産「庶民派オープンカー」を振り返る

日産2代目マーチの外観画像はこちら そして、新冷媒を採用したエアコンを全グレードに用意したほか、集中ロック、エアバック、ABSなどを用意。エントリーモデルのコンパクトカーながら快適装備も安全装備も用意されていて、至れり尽くせりなモデルでした。日産2代目マーチのインテリア画像はこちら そんな機能も、走りも、安全性もどんなポイントでも妥協しなかった2代目マーチは、欧州カー・オブ・ザ・イヤー、日本カーオブザイヤー、RJCカーオブザイヤーの3冠を獲得。各方面から高い評価を受けたのです。

マーチカブリオレ

 まずは、日産自動車から生み出された派生モデルから紹介。1997年に登場したマーチカブリオレは、マーチをベースにしたオープンモデルです。マーチカブリオレ画像はこちら

 クローズドボディの代わりに装備されたソフトトップは、なんと電動! 全面UVカットガラスやエアコン、ABSなどが標準装備となっていて、コンパクトカーながら贅沢でオシャレ。そんな粋を感じるモデルでした。

マーチBOX

 1999年のマイナーチェンジで追加されたのが、ワゴンボディのマーチBOX。荷室長を240mm、全高を25mm拡大しより高い積載性を実現。マーチBOX画像はこちら

 こう聞くと「マーチをベースにした商用モデル」と思いがちかもしれませんが、テラコッタオレンジやオパールブルーなど、ファッショナブルな専用ボディカラーが用意されていました。マーチの運転のしやすさはそのままに、もっと荷物を積みたい主婦層などをターゲットにしたであろう印象を受けるモデルでした。マーチBOX画像はこちら

画像ギャラリー