スバル車の名医「ガレージKM1」に聞く初代インプレッサWRXの「アンチエイジング」手法とは (2/2ページ)

初代インプレッサWRX系の定番トラブルポイントをチェック!

【チェックポイント01/エンジンまわり】

ロッカーカバーからのオイル漏れ

 オイル漏れがもっとも多い箇所がロッカーカバーだ。下にエキマニがあるため、焦げたオイルの臭いでオイル漏れに気づくことが多い場所でもある。修理の際、液体パッキンを付けすぎるとストレーナーが詰まる原因になるので注意が必要だ。ロッカーカバーオイル漏れ画像はこちら

ラジエーターサイドタンクからの水漏れ

 ラジエーターからの水漏れはコア部やホース部よりもサンドタンク側からが多い。修理はリビルト品を使うのが一般的で、通信販売で格安ラジエーターが出回っているが、モノによっては耐久性に問題があるのでガレージKM1ではリビルト品を推奨している。ラジエターサイドタンク水漏れ画像はこちら

ISCバルブは触らないこと!

 アプライドA~E型のインテークマニホールドにはISCバルブがセットされており、内部が汚れるとアイドリングが不安定になってエンジンがストールしてしまう。このISCバルブを洗浄すればよいのだが、取り外してバラすと元に戻せなくなるので、DIYでISCバルブに触れるのはNG。プロショップに整備してもらうのがベターだ。ISCバルブ画像はこちら

エンジンの状態に応じたオーバーホールメニューとは

 走行距離が伸びて、エンジンオイルの消費量が激しいのならオーバーホールを考えたほうがいいかもしれない。また各気筒のコンプレッションのバラツキもオーバーホールの目安。EJ20エンジンオーバーホール画像はこちら

 ガレージKM1では、エンジンの状態や予算に応じてピストンリングのみを交換するセミオーバーホールから、ヘッドや腰下まで手を加えるフルオーバーホールのメニューも用意している(価格はセミオーバーホールで50万円~)。エンジンのブロックはアプライドA~C型がクローズドデッキ、D~Gがオープンデッキ、2代目モデルのGDB型がセミクローズドデッキを採用している。腰下の状態が悪いのなら耐久性を高めたGDBのブロックを使ってオーバーホールするのもアリだ。

【チェックポイント02/ステアリング・トランスミッション・駆動系】

パワステ系統からのオイル漏れ

 ポンプやギヤボックス、ホースなどパワステ系統からのオイル漏れ箇所は多い。フルードを交換せずに乗っているオーナーも多いが、2年に一度の交換がベスト。またATFの流用ではなくパワステ専用フルードを推奨している。パワステのオイル漏れ画像はこちら

シフトチェンジがスムースにできない

 トランスミッションのシフトの入りが悪い原因はクラッチの切れ不良やオペレーティングシリンダーからのオイル漏れなどがあり、まずはクラッチ系統をチェックすること。MT本体がトラブったなら6速MTへのスワップもアリだ。ミッションが入りにくい画像はこちら

ドライブシャフトブーツの破損

 GC型/GF型に限らず、ドライブシャフトブーツの破損は各車のトラブルポイント。ブーツが破れてグリス切れが起こると異音が出てくる。GC/GFの場合、触媒の熱によってフロントの右内側が破損することが多い。ドライブシャフトブーツ破損画像はこちら

リヤデフケースからのオイル漏れ

 リヤデフの近くにマフラーが通っていることから、その熱の影響でデフケースのシールからオイルが漏れることが多い。またドレンボルトの締めすぎでケースが割れて、そこから漏れることもあるので要注意だ。リヤデフケースオイル漏れ画像はこちら

【チェックポイント03/ボディ関連】

スポット溶接の剥がれ

 ボディの各部にはスポット溶接が施されているが、ハードに走ると剥がれてくる。GC型/GF型で多いのが、フロントまわりではなくリヤシートの後ろ側。そのまま乗っていると悪化してくるので修理およびスポット増しを行いたい。スポット溶接剥離画像はこちら

トランクルームへの水漏れ 

 トランクルームが水漏れする原因はウェザーストリップやテールランプのシーリングの劣化。ボディには数カ所の水抜き穴が設けられており、水漏れによりボディ内部に水が浸入しているなら穴から水を抜いてやることが大切だ。トランクルーム水漏れ画像はこちら

ガレージKM1ではGC型/GF型のユーズドカーも販売中

 ガレージKM1ではチューニングやメンテナンス以外に、ユーズドカーの販売も行っている。GC型/GF型はすでに多数が海外に輸出されたことからタマ数は少ない。したがって「アプライドD型のSTIバージョンが欲しい」と言っても対応できないのが現状。市場に出回っているクルマを探すしかない。スバル車専門店「ガレージKM1」画像はこちら

 WRX系なら価格は最低でも80万円あたりからで、なかでもブルー系のボディカラーは割高だ。時折、走行距離の少ない極上車が出回ることもあるが価格が高いだけでオススメできない。走行距離が多いチューニングカーでも、各部のメンテナンスが行き届いたクルマを推奨している。

【水平対向エンジンの弱点が分かる! エンジンオイルのお話動画はコチラから】↓↓↓↓

 

【詳しくはこちら】

ガレージKM1

TEL0533-72-5084

http://www.garagekm1.com

画像ギャラリー