軽自動車だけど侮りがたし! 運転の腕を磨ける「イチオシ軽」5選 (2/2ページ)

noteで書く

ダイハツ・ミライース(初代)

 自分やクルマを共用する家族の運転免許がAT限定であれば、L275と同じKFエンジンを搭載するミライースもアリだ。とくに現行型のLA350は新しいがゆえに中古車は80万円~と高めだが、旧型のLA300より大幅に軽量化されており、車重は2WDで650㎏。旧型やミラから流用できるチューニングパーツは多いし、1台でサーキットも街乗りもこなすなら有力な選択肢といえる。

【関連記事】初心者が速くならない理由は意外なところにある! 勘違いだらけのサーキットの攻め方

ドラテク磨きの軽自動車画像はこちら

スズキ・アルト

 続いてはスズキ。ここ10年ほどの軽自動車モータースポーツの火付け役となったHA23アルトは、程度のいい中古車が激減し消耗品も徐々に入手しずらくなってきた。なかでもFF用のミッションはかなりの高値が付いており、機械式LSDも廃盤でミッションごとワークス用に載せ替えるなど、ノーマルから作り上げるにはハードルが高いと言わざるを得ない。ドラテク磨きの軽自動車画像はこちら

 ただしHA23は軽自動車だけのレース『東北660選手権』を筆頭に、今も全国で活躍しているためレース仕様の中古車は見つけやすく、それを格安で入手し練習したりレースに参加するのも面白い。

スズキ・アルトターボRS

 最後は今後の主力となるであろうHA36アルト。過給機が付いたワークスやターボRSは純正でも十分すぎる動力性能だし、パーツもノウハウも豊富でブーストアップからタービン交換まで楽しめる。ドラテク磨きの軽自動車画像はこちら

 またNAも今年に入ってから開発が急加速しており、チューニングECUや専用の足まわりが次々に発売。来年からは東北660選手権の別シリーズでHA36のNAを独立させ、ワンメイクレース開催の計画があるほど人気はますます高まりそうな予感だ。

 以上が今ドラテク磨きにピッタリと思われる5つのモデル。ターボにNAにMTに2ペダル、3ドアに5ドアにオープンカーと選び放題だ。軽自動車でコストを抑えてドラテクを磨こう!

noteで書く

画像ギャラリー