レースなんて夢かと思ってたけど意外と現実的! 買えばほぼそのまま参戦できる「ワンメイクレース車両」4台 (1/2ページ)

レースなんて夢かと思ってたけど意外と現実的! 買えばほぼそのまま参戦できる「ワンメイクレース車両」4台

この記事をまとめると

  • 同一車種で速さを競うワンメイクレース
  • メーカーが用意した専用車で戦う
  • 新車で今買える国産・輸入車の代表的マシンを紹介

レース仕様への大掛かりな架装は基本必要なし!

 車種が同じでチューニングできる範囲も厳しく制限され、運転の技術とセットアップが勝敗を分けるワンメイクレース。昔からのレースファンにはシビックにミラージュ、スターレットやマーチなどでお馴染みだが、いまイチバン注目を集めているのは新型のGR86/BRZだ。

 すでに車両そのものは発表されており、レースも2022年7月の開幕が予告されている。ちなみに現時点で購入できるワンメイクレース車両、ほかにはいったいどんなモノがあるのだろうか? ライトウエイトからスーパーカーまで有名どころを紹介したい。

トヨタ・ヤリス カップカー

 まずはナンバー付き車両によるレースの歴史を拓いた、ヴィッツの後継モデルに相当するトヨタ『ヤリス』から。エンジン系はレギュレーションで改造できないためフルノーマルだが、サイドバー付き6点式ロールケージ/サスペンションキット/オイルクーラー/6点式シートベルトなどが装着され、価格は6速MTが217万1100円、CVTが238万100円となっている。当然ながら6速MTとCVTは別々のクラスで、東西いずれのヤリスカップにも参戦が可能だ。

【関連記事】「ルマン24時間レース」に挑戦し続けたマツダ23年の歴史を凝縮! ファン必携の書籍が発売

ヤリスカップカーのスタイリングイメージ画像はこちら

マツダ・ロードスターNR-A

 続いては2002年から続くマツダ『ロードスター』の、ナンバー付き車両によるパーティレース。旧型のNCECによるシリーズも継続中ではあるものの、いま新車で買えるのは現行型のND5RCの『NR-A』グレードで、277万7500円。

マツダロードスターNR-Aの走り画像はこちら

 主要な装備は車高の調整ができるビルシュタイン製ダンパー、そしてフロントタワーバーに大径ブレーキローターなどなど。ナンバー付き車両のレースに参加するため必要な、ロールケージ/前後牽引フック/バケットシートは別に揃えなければならず、すべて足すと330万円くらいになりそうだ。

 年間を通したシリーズポイントが付与される『NDシリーズ』および、シリーズポイントなしで勝ち負けにあまりこだわらない『NDクラブマン』のふたつに参加できる。

マツダロードスターNR-Aのロールバー画像はこちら

画像ギャラリー