レースなんて夢かと思ってたけど意外と現実的! 買えばほぼそのまま参戦できる「ワンメイクレース車両」4台 (2/2ページ)

noteで書く

ポルシェ・911GT3カップ

 次はPCCJ(ポルシェカレラカップジャパン)用の車両、ポルシェ『911GT3カップ』を見てみよう。ベースは現行型の992世代で、エンジンはNAながら510ps/470Nm、出力もレブリミットも先代モデルを上まわっている。ウインドウはすべてポリカーボネイト製で、重量はわずか1260kgだ。価格は3465万円となり、購入者には2022年のPCCJ全戦エントリーが義務付けられる。

【関連記事】汚れた英雄の特別上映が決定! 全日本ロードレース選手権開催中の撮影地スポーツランドSUGOで名作が見られるチャンス

ポルシェ911GT3カップの走り画像はこちら

フェラーリ488チャレンジEVO

 最後は同じくスーパーカーのフェラーリ。1990年代から独自のワンメイクレースを続けており、2020年からは『488チャレンジEVO』を使用している。ル・マン24時間レースなどで得たノウハウをフルに注ぎ込み、エアロダイナミクスやサスペンションは市販車から大幅に進化。

 車両を含め価格は未公表ながら、従来の『488チャレンジ』を所有するオーナーには、パーツを交換するアップグレードパッケージも用意しているとか。

フェラーリ488チャレンジEVOのレースシーン画像はこちら

まとめ:予算があるなら購入して参戦してみるべし!

 今のところ現実味があるのはヤリスとロードスターに限られるが、ワンメイクレースは戦闘力に差がないからこそ楽しいしやり甲斐もある。予算が許すなら経験して損はないはず! なお、ホンダ『N-ONE』のワンメイクレースは、ノーマル車両を買ってから部品を装着するシステムで、新車のレースカーとしては販売していないため割愛した。

noteで書く

画像ギャラリー