電動車全盛で今買わないと本当に消える! たった100万円以下のスカッと快感MT車6選+α (1/2ページ)

電動車全盛で今買わないと本当に消える! たった100万円以下のスカッと快感MT車6選+α

この記事をまとめると

  • もはや絶滅危惧種になりつつある国産MT車
  • 個体も少なくなり軒並み中古車価格が高騰
  • それでも100万円以下で狙えるモデルも存在

絶滅危惧種のMTモデルも100万円以下で味わい尽くせる!

 世界的にEVへのシフトが始まっている昨今、ガソリンエンジンのMT車はこれからどんどん貴重になっていく。もしMTのスポーツカーに乗りたいのなら「今のうちに新車を買っておけ!」と、声を大にして言いたいところ。だが、先進国で唯一、この30年間賃金が上がっていない日本では、新車はおろか価格高騰が続く中古の国産スポーツカーにもなかなか手が出ないという実情も……。そこで、いまなら間に合う100万円以下のMTスポーツカーをピックアップしてみよう。

11代目日産スカイラインクーペ(CV35型/2003年〜2005年モデル)

フロントミッドシップのスポーツクーペが意外と激安

 後輪駆動のMT車のクーペで、100万円以下となると一番の狙い目はこのCV35型スカイラインクーペ。Z33と共通プラットフォームのフロントミッドシップで、見た目以上にスポーティな走りが楽しめる。日産車なのでチューニングノウハウのあるチューナーも多いし、パーツ類も豊富。ブレーキは純正でブレンボ製だし、NAなのでランニングコストも決して高くはない。

【関連記事】電動化してでも後継モデルが見たい! こだわりの四駆制御や2ペダル化など進化し続けた「ランエボ」の軌跡

スカイラインクーペ(CV35型)画像はこちら

 平均相場が80万円台のいまがチャンス! ちなみに日産車でいえばノート1.6 NISMOなども考えられるが、意外にまままだ相場が高い。コスパ的にはもうひとつだ……。

マツダRX-8(SE3P型/2003年〜20013年モデル)

燃費は聞くな! とにかくパッケージが優秀なハンドリングマシン

 じわじわ相場が上がってきているRX-8は、いよいよ平均価格が100万円に! 正直、燃費の悪さは閉口するかもしれないが、最後のロータリースポーツで、動力性能よりもシャーシ性能が勝っているので、コーナリングマシンとしては第一級のパフォーマンスがある。エンジンや観音開きドア、ハンドリングも比類なき存在なので、気になる人は今のうちに購入しておくと後悔しないはず。RX-8(SE3P型)画像はこちら

4代目マツダ・デミオ15MB(DJLFS型/2015年〜)

最小限の装備で軽量&6速MT搭載のモータースポーツベース車

 コンパクトカーでは、マツダのデミオ1.5MBも狙い目。2019年で生産を終えた4代目(※編集部注:現在はマツダ2 15MBとして新車販売中)の相場が100万円前後。MB=モータースポーツベースで、余計なものは省かれていて、1トンのボディ(1020kg)に、最高出力116psの高効率直噴ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 1.5を搭載。軽い車重と6速MTで限られたパワーを使い切る面白さがある。デミオ15MB(DJLFS型)画像はこちら

画像ギャラリー