イタリア人のクルマバカっぷりが圧巻! 極寒のアルプスをクラシックカーで駆け抜ける衝撃ラリーがあった (2/2ページ)

WRC王者ミキ・ビアシオンがストラトスを駆ってギャラリー大興奮!

 イタリアのギャラリーがもっとも注目したトピックは、なんといっても、1988年と1989年にランチア・デルタをドライブしてWRC(世界ラリー選手権)を2連覇した伝説のドライバー、ミキ・ビアシオンが1974年式ランチア・ストラトスでエントリーしたことだ。彼がストラトスを雪上・氷上で走らせる姿を見られるチャンスに、マドンナ・ディ・カンピーリオは興奮に包まれたそうだ。

【関連記事】超高回転エンジンの刺激は反則級! エンジン屋ホンダの歴代傑作エンジン「ベスト5」

ランチア好きには神のような存在のミキ・ブラシオンさん画像はこちら

 地元メディアのインタビューにミキ・ビアシオンはこう語っている。「ウィンターマラソンでは、モータースポーツの歴史に名を残す名車の数々を見て楽しめます。雄大な景観のなかで雪の白さと静けさに包まれてエンジンの唸り声だけが聞こえくる、ユニークな体験です。このランチア・ストラトスは、モンテカルロの王者サンドロ・ムナーリ(1975年~1977年にストラトスでラリー・モンテカルロ3連覇)が戦ったマシンで、彼の厳しい戦いに敬意を表します。雪道でのドライブは、アクセルを踏みこんだ瞬間にリヤタイヤが滑りはじめるので、気をつけて優しく操作する必要がありますね」

ランチア・ストラトスはイタリア人の誇り画像はこちら

ラリーの1~4位は、まさかの戦前フィアット508Cが独占!

 ところで2022年のウィンターマラソンは、1927年から1976年までの100台以上のクルマが3日間にわたり競技を繰り広げた結果、1位から4位までを1937年式と1938年式の「フィアット508C」が独占! この4台は同じチームというわけでもないのだが、ここ数年、ウィンターマラソンの上位には必ず彼らフィアット508Cが入っているのだ。

1位から4位までを戦前のフィアット508Cが独占画像はこちら

 続く5位と6位は、これまたともに1937年式の「ランチア・アプリリア」2台。

 絶対的な速さではなく走行ペースの正確さを競うとはいえ、並みいる戦後のスポーツカーを押さえて戦前のフィアットとランチアが圧倒的な強さを見せることができるのは、地元イタリア製だからなのか、パワーがありすぎないから走りやすいということなのか……。

 日本でクラシックカー・ラリーを楽しむ人も、試しにこれらのクルマに乗ってみると意外な強さを見せるかも?

1937年式ランチア・アプリリア画像はこちら

 過去には日本人が参加したこともあるウィンターマラソン。またイタリアに気軽に行ける世の中になったら、クルマ趣味人は参加を検討してみてはいかがだろう。その年のスケジュール次第では、同時期の「モンテカルロ・ヒストリーク」とハシゴも不可能ではないのだ。

日本からも参加してみては画像はこちら

 大会事務局にご提供いただいた大量の写真を、ギャラリーでじっくりご覧いただきたい。

画像ギャラリー