新型アルトを速攻カスタム! 老舗「KCテクニカ」が開発したパーツ盛りだくさんのデモカーをチェック【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

新型アルトを速攻カスタム! 老舗「KCテクニカ」が開発したパーツ盛りだくさんのデモカーをチェック【大阪オートメッセ2022】

街乗りでも十分に味わえるアルトのパーツを開発

 2月11日~13日にインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2022」。京都のプロショップ『KCテクニカ』といえば、軽自動車のチューニングで全国的に名を知られる存在だ。とくにアルトは旧規格の時代から先代モデルまで力を入れており、先ごろデビューした新型のHA37S/HA97Sも、デモカーを早々に作り上げている。

 しかし新型アルトは、高性能スポーツの代名詞である「ワークス」どころか、全グレードともMTは設定されてはいない。チューニングのベース車として期待していた層にとっては、正直なところ拍子抜けしてしまった感は否めないはず。それにも関わらず大量のオリジナルパーツを開発した理由を、藤山代表は「速さだけがカスタムの楽しさじゃありません」と話す。

 フィーリングや使い勝手の向上は街乗りでも十分に味わえるし、車両そのものがリーズナブルだけにアフターパーツを買う余裕もある。そんなコンセプトで作ったアイテムの数々を紹介していこう。

アルトを知り尽くしたチューナーの手腕が各所で光る

 エンジンルームで目を引くのはエアクリーナーまわり。センサー類の誤作動を防ぐため本体はあえてノーマルを使い、インテークパイプとレゾネーターを軽量なチタンで製作。レゾネーターは純正のおもな役割が消音なのに対し、あえてスポーティな吸気音に味付けしているとか。また水濡れを防いでドレスアップにも役立つCPUカバー、フェンダーの隙間を上手に使ったオイルキャッチタンクなど、アルトを知り尽くしたチューナーの手腕が各所に発揮されている。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」は使いこなせるパワーがコツ。セッティング能力の高い「緑整備センター」の目指したデモカーの全容とは

KCテクニカのスズキ・アルトのエンジン画像はこちら